韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国防部、日本の映像公開に「客観的な証拠とはみられない」

韓国国防部、日本の映像公開に「客観的な証拠とはみられない」

防衛相がP-1哨戒機が撮影した映像を公開したことに対し、韓国国防部が遺憾の意を明らかにした。

崔賢洙(チェ・ヒョンス)国防部報道官は28日の午後、「国防部の立場」を通じて、「韓国海軍「広開土大王」(DDH-971)は正常的な救助作戦を行っていた。日本のP-1哨戒機に対して射撃統制レーダー(STIR 180)の稼働はなかった事実は変わらない」と述べた。

崔報道官は「相互誤解を解消するための実務級テレビ会議から1日ぶりに日本側が映像資料を公開したことに深い憂慮と遺憾の意を表明する」と述べた。また、「日本側が公開した映像資料は単純に日本の哨戒機が海上から巡回するシーンとパイロットの対話だけだ。一般的な常識からみると射撃統制レーダーを調査したという日本側の主張に対する客観的な証拠とはみられない」と述べた。

スポンサードリンク
続いて、「われわれはこれまで日本の一方的な行動について節制した対応を取ってきた」として、「日本側のこうした遺憾な行動にもかかわらず、韓日の国防協力関係を未来志向に発展させていかねばならないという立場に変わりはない。日本側は韓国と軍事的な友好協力関係を維持するという精神を持続的に堅持しなければならない」と述べた。
https://japanese.joins.com/


https://www.youtube.com/watch?v=T9Sy0w3nWeY#action=share

韓国側は、映像について、自衛隊の持つ能力が分かるような部分をカットするなど情報保全の処理を施し、国民が視聴して理解が進むよう字幕を付け加えたとして強気の姿勢だ。映像は「日本側の主張に対する客観的な証拠とはみられない」と指摘し、海上自衛隊のP1哨戒機に韓国駆逐艦が火器管制レーダーを照射した事実を否定し続けている。

韓国軍の艦艇が、自衛隊機に射撃管制用のレーダーを照射した問題で、防衛省は28日午後、哨戒機が現場で撮影した13分余りの映像を日本の各メディアが掲載している。韓国国防部も韓国メディアも、久々の反日攻勢とばかりに異常値越えである。

関連記事

[ 2018年12月28日 18:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
これで在韓米軍の撤退が決定的と成る。
世界中が見ている。
韓国が同盟国の日本に敵対してレーザー照射したと言う証拠が全世界に拡散されました。
韓国が米日韓の陣営から飛び出し、敵対し、南北統一朝鮮を目指している事が確認できました。
後は在韓米軍撤退、在韓企業の撤収です。
そして韓国に対する経済制裁。
海上封鎖。
長年の己の悪事を恨むが良い。
[ 2018/12/28 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp