韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  PM2.5:中国政府「韓国の大気汚染は韓国が原因」

PM2.5:中国政府「韓国の大気汚染は韓国が原因」

「韓国で発生するPM2.5などの大気汚染物質は中国から来た」とする韓国国内の主張に対し、中国政府が「ソウルのPM2.5は主に現地で排出されたもの」としてこれに正式に反論した。中国政府が韓中間の大気汚染問題について公開の場で反論するのはこれがはじめてだ。 28日付の北京日報などによると、中国環境部(省に相当、以下同じ)報道官はこの日午前中に行われた定例会見で「韓国の大気汚染物質は中国から海を渡ってきた」とする韓国国内の主張について、3つの根拠をもとに否定した。

報道官はまず「韓国における汚染物質と中国のスモッグとの関係についてはいくつか共有したい情報がある」「これを通じて現状に対する客観的な理解の一助にしたい」と前置きした。公表された観測データによると、中国ではここ数年の間に大気汚染が大きく改善しているが、ソウルのPM2.5濃度はほぼ変化ないか、逆にやや悪化しているという。

また大気汚染物質の成分を分析したところ、PM2.5を悪化させる二酸化窒素の濃度は中国の北京や煙台、大連などよりもソウルの方が毎年高いという。 また中国の専門家の分析によると、今年11月6-7日にソウルでは深刻な大気汚染が発生したが、11月はじめのこの時期に中国から韓国への大規模な大気の移動はなかったという。これらを根拠に報道官は「ソウルにおけるスモッグの主成分は現地で排出されたもの」「韓国の研究者も同じような結論に至ったとのニュースもある」と主張した。

スポンサードリンク
これに対して北京の韓国大使館関係者は「中国環境部報道官の主張は、中国に有利なデータばかりを都合良く切り貼りしたものだ」とした上で「米航空宇宙局(NASA)では中国の大気汚染物質が韓国に影響を及ぼしていることを裏付けるより普遍的な研究結果もある」と指摘する。
http://www.chosunonline.com/

実際に工場が集まるとされる山東省の沿海部を取材。その結果、中国はスモッグの発生源ではないことが明らかになったと指摘している。朝鮮日報は、ソウルの空気は一時、インドのニューデリーに次いで「世界で2番目に汚れていたと報じている。 あくまで一時的だったとはいえ、北京よりもソウルの空気の方が汚れていたのだと指摘する。

中国だけの問題ではないわけで、韓国の火力発電やら車の排気ガスなどなど、韓国内で発生するPM2.5も非常に多いわけで、今まで中国に責任を押し付けてきたが、半分は自国の問題となる。結果それが日本に押し寄せることになる。

関連記事

[ 2018年12月29日 08:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp