韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  小商工人、出前アプリに月平均83万ウォンを支出

小商工人、出前アプリに月平均83万ウォンを支出

チキン、ジャージャーメンなどの出前サービスを提供する小商工人たちが、「出前の民族」などの出前アプリケーションの業者に負担する手数料、広告費などが月に80万ウォンを超えることが分かった。

小商工人連合会が28日発表した「オンライン出前業者を利用する小商工人を巡る実態調査」の結果によると、小商工人たちが出前アプリに使う月の平均費用は83万9000ウォンと調査された。

このうち半分近い40万4000ウォンが出前アプリ広告サービス費用として支出された。小商工人たちは、出前アプリサービスの問題点として広告費の暴利(41.3%)を最も多く選んだ。市場の過当競争誘発(33.8%)、虚偽・不公正等の規制なし(31.3%)の順だった。

スポンサードリンク
小商工人連合会は、「過度な広告費支出により小商工人たちの実質所得が減少している」とし、「定額制に基づいて広告費を支出する方式を導入しなければならない」と主張した。今回の調査は、11月5~30日、全国の小商工人業者1000人を訪問面接する方式で行われた。
http://japanese.donga.com/

近年の韓国は一人暮らしが増加し、単身用のデリバリーメニューが充実し、生活拠点の人員構成に応じた変化に対応しつつある。氷点下の気温になる韓国の冬は、デリバリーの効力が最大限に発揮する。人口が約5000万人の国で、単一アプリの出前アプリによる配達は累計で2億を超えている。複数のアプリを考慮すれば莫大な数となる。デリバリー依存が激しい国でもある。

40万4000ウォンが出前アプリ広告サービス費用として支出していると記事では言うが、競争が激しいわけで、広告サービス競争激化の国となることを考えれば、普通だろうと思うが…。それでも宣伝マンを雇うよりは安いわけで、一度売れれば拡散することを考えれば、効率的な手段となる。サービス向上と言う側面で見れば、競争激化はサービス向上につながるともいえるが…。

関連記事

[ 2018年12月30日 09:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp