韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  レーダー照射:韓国軍関係者、公開映像の問題点を指摘

レーダー照射:韓国軍関係者、公開映像の問題点を指摘

日本の防衛省は韓日間の「レーダー照射問題」関連映像を28日に公開した。20日、東海(日本名:日本海)の韓日中間水域で韓国海軍駆逐艦「広開土大王」と日本の海上自衛隊哨戒機P-1との間に発生した状況を撮影した映像だ。広開土大王が日本の哨戒機に向けて武力使用を前提とした火器管制レーダーを照射したという主張だ。 日本側の相次ぐ攻勢に、これまで消極的だった韓国国防部(省に相当)も同日、すぐさま反論コメントを出し、「深い懸念と遺憾の意」を表明した。レーダー照射問題が韓日間の感情的な争いにまで広がった形だ。

日本の防衛省が同日公開した映像の長さは13分7秒間。この映像によると、日本の哨戒機に搭乗した自衛隊員たちは「FC(Fire Control)コンタクト」「FC系出している」と言っている。日本の防衛省は「FCコンタクト」は「火器管制レーダー探知」、「FC系出している」は「火器管制レーダー出している」という意味だとして字幕を付けた。また、「メチャクチャすごい音だ(電波強度強い)」「この音覚えておいてください」というやり取りもあった。ある自衛隊員が「避けた方がいいですね」と言うと、機長が「離隔する。一旦離隔する」と応じている。映像には「こちらは日本国海上自衛隊。貴艦のFCアンテナが我々を指向した事を確認した。貴艦の行動の目的は何ですか?」と日本側が広開土大王と交信しようとしている様子も入っている。

スポンサードリンク
また、「(韓国駆逐艦の)砲はこちらを向いていない」という発言もある。日本の防衛省は「今回公開した映像は火器管制レーダーで一定時間、継続して複数回にわたり照射されたこと、駆逐艦から一定の高度と距離を置いて飛行していること、『韓国海軍艦艇、艦番号971』と英語で3回呼び掛けていることなどが記録されている」と主張した。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、韓国軍関係者はこれと関連して、「日本は2回レーダーの電磁波を照射されたと言っているが、肝心の中核データであるレーダーの周波数を公表していない」と方いている。韓国軍は当時、火器管制レーダーの一種であるMW-08を対艦用につけていた状態だったが、レーダーの周波数は4-6ギガヘルツで、追尾レーダーの周波数8-12ギガヘルツとは異なるとした。

韓国側は、駆逐艦が広範囲の探索を目的とする別のレーダーを対艦用モードで使用していたと主張している。火器管制レーダーは付属の光学カメラのみを稼働させ、レーダー照射はしなかったという立場だ。 韓国軍関係者によると、照射を受けたレーダーの周波数の特性を公開するよう日本側に求めたものの、日本側は拒否した。

だが、映像でさえ一転公表を控えてほしいと依頼してきた韓国である。ましては哨戒機が受信したSTIR 180の周波数を公表すると言ったら、困るのは韓国ではないのか…。公表されたらレーダーは丸裸、困るのは韓国側。日本は韓国に協議の中で提示するのは可能としている。

関連記事

[ 2018年12月30日 09:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp