韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  訪日観光客は日本経済に一筋の光明…今年は3000万人突破

訪日観光客は日本経済に一筋の光明…今年は3000万人突破

2018年の日本は夏の豪雨や非常に強い台風21号の上陸に見舞われ、さらに大阪や北海道で起きた地震など一連の自然災害に追い打ちをかけられ、訪日外国人観光客が一時は大幅に減少した。

だが日本の国土交通省観光庁がこのほど発表したところによると、12月18日の時点で今年の訪日外国人観光客がのべ3000万人の大台を突破して、過去最高を更新したという。「経済参考報」が伝えた。

日本の菅義偉内閣官房長官と石井啓一国交相は、「2018年には豪雨や地震、台風など一連の自然災害が起きたが、それでも訪日外国人観光客がのべ3000万人の大台を突破したというニュースは非常に喜ばしい。

次の目標は2020年までにのべ4000万人を達成することだ。日本政府は外国人観光客の日本観光を全力で誘致し、19年には500億円規模に達する見込みの『国際観光旅客税』を活用して関連設備の充実をはかる計画だ」と述べた。

スポンサードリンク
明仁天皇が19年に退位するため、平成30年は平成の元号の最後の1年間になる。平成がスタートした30年前、訪日外国人観光客は年間のべ283万人にとどまり、現在のわずか10分の1だった。だが中国や韓国など周辺国・地域の経済が好転したこと、格安航空会社(LCC)の路線が増えたこと、日本が訪日観光ビザ(査証)の要件を緩和したこと、円が値下がりしたことなどの影響により、東アジアなどの地域からの外国人観光客が増加を続け、13年に初めてのべ1000万人の大台を突破すると、16年にはのべ2000万人を突破し、1000万人から3000万人への飛躍にはわずか5年しかかからなかった。
https://www.recordchina.co.jp/

2011年から2015年にかけて、日本を訪れた外国人の数は年間33%も成長した。これは世界でも最速の成長率となる。年間の訪日外客を2015年の1,970万人から2020年には4,000万人にまで倍増させ、訪日外客が日本国内で消費する額を3兆5,000億円から8兆円に急増させるという大きな目標を立てている。だが、観光産業の収益は拡大しつつあるが、その規模は依然2014年時点で国内総生産(GDP)全体のわずか0.5%にとどまり、旅行者に人気のアジアや欧米の国々と比較するとはるかに低い。

インバウンド観光が好調でも、その恩恵が日本全国に行き渡っているわけではない。東京都、大阪府、京都府の一都二府のGDPが全国に占める割合は28%だが、インバウンド観光の総宿泊日数の48%、消費の60%が集中している。今後の大きな課題となる。訪日外客が実際に地方に旅行した場合でも、1日当たりの消費額は東京・大阪・京都での消費より平均で30%も少ない。これは約6,000億円の収入機会を逃していることになる。この資金を大都市以外の観光地が得ることができれば、観光インフラを整備し、施設への投資を呼び込むこと事が可能となる。

関連記事

[ 2018年12月31日 08:20 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
2017年は
経済の成績をサイズが大きい順に並べると、
上場企業の純利益総額 28兆円
日本国の経常黒字 21兆円
日本国の所得収支 19兆円
貿易収支 4,9長円
旅行収支 1.9兆円

2017年、企業は良く稼いで、金融は海外でたくさん稼いで、
モノの貿易もよく売れて、海外にあまり遊びに行かないで、
外人客ではよく稼げた。という総括になります。
2018年はこの延長でしょう。

日本人海外の一人当たり旅行支出114,000円、地味だがこれでいい。
来日外国人の一人当たり旅行支出132,000円、こんなものだろうか?。
[ 2018/12/31 16:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp