韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  OLED・メモリーに巨額投資、物量作戦でトップ狙う中国

OLED・メモリーに巨額投資、物量作戦でトップ狙う中国

中国ディスプレー最大手、京東方科技集団(BOEテクノロジーグループ)は今月初め、重慶市で有機発光ダイオード(OLED)パネル工場「B12」の建設に着手した。465億元(約7590億円)を投資し、2021年までに工場を完成させ、本格生産に入る計画だ。同社のOLEDパネル工場は四川省の成都市、綿陽市に続き3カ所目だ。BOEが3工場につぎ込んだ資金は2兆円を超える。

3年後に3工場が全て稼働すれば、全体の生産能力は月14万4000枚になる。1枚でスマートフォン用パネル200個を生産できるため、計算上は年3億台分のスマートフォン用パネルを生産可能だ。現在OLEDパネル市場の90%以上を掌握しているサムスンディスプレーに匹敵する規模だ。サムスンには現在新工場の建設計画がない。これまでOLED市場では名刺さえ差し出せなかったBOEが物量作戦で一気にトップメーカーに挑戦状をたたきつけた格好だ。

中国が物量作戦でOLEDパネル、電気自動車用バッテリー、メモリー半導体など韓国の将来を握る主力産業を丸ごと揺るがしている。10年余り前にサムスンやLGが掌握していた液晶パネル市場を奪われたのと同じ流れだ。

スポンサードリンク
メモリー半導体市場も中国の物量作戦に直面している。中国の新興半導体メーカーは、2年前から工場建設に500億ドル(約5兆6200億円)をつぎ込んでいる。中国は今年、半導体製造設備の購入だけに122億ドルを使った。中国の長江存儲科技(YMTC)は今年8月、米サンタクララで3D NAND型フラッシュメモリーを公開したのに続き、今年7-9月期から中国・湖北省武漢市にある工場でNAND型フラッシュメモリーの生産を開始した。来年には福建省晋華集成電路(JHICC)、合肥長キン(イノトロン)もDRAMの量産を開始する予定だ。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、スマートフォン、電気自動車(EV)用バッテリー、メモリー半導体、有機発光ダイオード(OLED)パネルなど韓国の主力産業分野は次々と中国に主導権を奪われている。造船、鉄鋼のような伝統的な製造業でも中国に押される状況で、IT分野でも中国に追い付かれる危機に直面した形と警笛を鳴らす。

ファーウェイ、シャオミ、OPPO 3社の販売量は今年9月までに1億1600万台に達し、サムスン電子(7230万台)をはるかに上回る。EV用バッテリー市場でも設立から7年目の寧徳時代新能源科技(CATL)と比亜迪(BYD)が世界2、3位となり、首位のパナソニックを追撃している。中国の長江存儲科技(YMTC)は今年7-9月期に武漢工場でNAND型フラッシュメモリーの生産を開始。福建晋華集成電路(JHICC)と合肥長キン(イノトロン)が来年にもDRAMの量産に入る。韓国にとっては首の絞まる話となる。

関連記事

[ 2018年12月31日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp