韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「低空飛行は日本の威嚇」防衛省の公開映像に韓国メディア

「低空飛行は日本の威嚇」防衛省の公開映像に韓国メディア

韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射当時の映像を防衛省が公開したことに対し、韓国メディアでは「低空飛行した自衛隊機の威嚇」や「安倍晋三首相があおっている」との批判が出ている。 31日付の東亜日報は社説で「哨戒機が接近した距離だけ見ても、韓国駆逐艦の乗組員に脅威を与えるのに十分だった」と強調。「支持率が落ちている安倍首相が国内世論のためにあおっているとの観測も出ている」とも批判した。 ソウル新聞(同日付)に至っては「哨戒機の低空飛行は米軍艦に自殺攻撃を敢行した『神風』を連想させるという指摘もある」と自衛隊機を強引に神風特攻隊に結びつけている。

また、韓国日報(同)は「一方的な動画公開は深刻な外交的欠礼」と断じ、「政治指導者が国内政治に利用しようとむしろ葛藤をあおったのは嘆くしかない」と安倍首相を批判した。ただし、同紙は映像公開前に「防衛省に自信があるなら『レーダー襲撃』資料から公開せねばならない」と日本側に「誠意ある回答」を求めていた。その要求への回答を、今さら「欠礼」とつじつまが合わない結論付けをしている。ハンギョレ紙(同)も「いったい安倍首相は韓日関係をどこまで悪化させる考えなのかを問いたい」とし、「国内の政治的利益のために隣接国との外交葛藤を活用する態度を直ちにやめるべきだ」と安倍首相の“悪意”を強調。日韓関係悪化の責任を安倍首相に転嫁した。

スポンサードリンク
ただ、これら“安倍陰謀論”ともいえる主張は、映像公開の前から韓国のメディアや政治家からは何度も出ていた。韓国側に責任があろうが、問題発覚当初から韓国国内ではそのように決め付けた見方が主流だ。
http://www.zakzak.co.jp/

「JAPAN NAVY」――。韓国側が今、過敏に反応しているのは、この9文字だ。レーダー照射問題は発生から10日を迎え、解決の糸口を見出すどころか、ますます異常が加速する。韓国大手紙・中央日報は「韓国軍関係者」が件の映像を分析した結果として、哨戒機が駆逐艦「広開土大王」に「500メートルの距離まで接近し、150メートル上空で威嚇的に飛行した」との見解を掲載し、これは北朝鮮船の救助を妨害する「非紳士的な行動」だと報じている。

防衛省によると、P1哨戒機は20日、日本海の石川県・能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で、韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」(3200トン)から、FCレーダーを照射された。駆逐艦は北朝鮮漁船を救助中だったという。問題発覚後、韓国側の説明は二転三転したが、韓国内では「日本の過剰反応だ」などと世論が硬化。韓国政府としても強気の態度で日本に臨まざるを得ない状況に陥っている。 文在寅政権は対日関係と国内世論のはざまでますます難しい立場に追い込まれた。

関連記事

[ 2019年01月02日 09:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
憲法9条の弊害だ
かつて韓国が李承晩政権時代に竹島を乗っ取ったのも戦闘放棄していたからなのだ。
そして現在は憲法9条がある為、日本本土に直接攻撃されない限り日本から攻撃でない事に成っている。
結果、今回の様な日本のEEZに於ける韓国駆逐艦の不審な単独行動を日本の哨戒機が偵察する事に撃墜レーザーを照射すると云った敵対行為を平気で行った。
憲法9条がある為、韓国は日本に対して何をしても構わないと考えている様だ。
通常であれば、今回の様に攻撃レーザーを照射した韓国駆逐艦は爆撃されても当然であるし、韓国も攻撃レーザーの照射なんて出来なかった筈です。
全て憲法9条が原因です。憲法9条が日本に戦争の危機をもたらしている。
そしてハッキリした事は韓国はもはや同盟国では無く敵国であるという事です。
[ 2019/01/03 03:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp