韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  経済好調が報じられないとぼやく文大統領

経済好調が報じられないとぼやく文大統領

韓国の昨年12月の輸出は前年同月比1.2%減少し、8カ月連続でマイナスを記録した。主要経済指標で唯一好調だった輸出までマイナスに転じた格好だ。輸出が昨年4月にも一時的に減少したが、比較対象となる17年4月の輸出が急増したことによる一時的な反動だった。これに対し、昨年12月は13の主力輸出品目のうち、スマートフォン(34%減)、石油化学(6%減)、家電(12%減)など10品目が一斉に減少。特に輸出全体の20%以上を占める半導体は27カ月連続の伸びがストップし、8%減へと転じた。2017年の経済成長率(3.1%)の3分の2を占める輸出は韓国経済の絶対的な成長動力だ。内需が冷え込み、生産と投資が不振な状況で、輸出まで低迷すれば、かなり深刻な問題だ。

12月の輸出統計が発表される前日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は与党指導部との年末昼食会で「経済失敗というフレームがあまりに強く働いており、成果が国民にしっかり伝わっていないことが残念だ」と語った。経済はうまくいっているのに、メディアが歪曲(わいきょく)して報じていると不満を口にした格好だ。文大統領が「歪曲報道」の一例として挙げたのは消費指標だ。消費は増えているが、伸び率は1-3月の3.5%から4-6月の2.8%、7-9月の2.5%と低下が続いている。そうした方向性に注目しないわけにはいかない。現在は自営業者の借金が急増するなど、家計債務全体が膨らんでいる。金利も上昇する可能性が高い。消費全体を鈍らせる要因だ。

スポンサードリンク
文大統領による経済関連の言及を聞いていると、正確な報告がなされているのかどうか疑いたくなる。昨年の韓国経済の各種指標はほぼ全てが最悪を記録した。統計庁と韓国銀行が発表した指標だ。それでも文大統領は「マクロ指標は堅固だ」「最低賃金引き上げのプラス効果が90%」などと実態とかけ離れた発言を繰り返している。
http://www.chosunonline.com/

汗をかかずに、頭だけで考えると言うのが韓国の特徴だ。現場を見ないで、自己都合なデーターだけで判断するのは、文大統領だけではない。韓国メディアも同じ。様々な現場を見て行動に移す重要性を理解しない国では困りごとだ。現場を見たとしてもごく一部だけ見て全体がそうだと思い込むから間違った行動につながる。文大統領は都合の良い部分だけを見る。自国メディアは悪い部分だけを見る。誰も全体を見ない。まして全企業のデーターは無い。政府もメディアも都合の良いデーターを並べて論議するからかみ合わない。

さらに言えば理想論議は得意でも、どういう方法で、誰がいつ実施するのかという対応策がない。これでは、先の見通しなど見えるはずもない。もっとも日本にも同じことが言えるが、それ以上に韓国は数値を自由に並べてメディアは報道し、政府は評価する。今年は特に重要な年になるだろう。しかし今の状況を見る限り、理屈の言い合いだけで、的確な行動をする連中すらいないのでは困りごとだが…。

関連記事

[ 2019年01月03日 19:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp