韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国が「造船世界一」返り咲き、中国は技術の遅れや人件費増加が影響

韓国が「造船世界一」返り咲き、中国は技術の遅れや人件費増加が影響

2019年1月3日、米華字メディアの多維新聞は、韓国紙・東亜日報がこのほど、「2018年は韓国の造船業界には意味深い1年だった」とする記事を掲載したことを紹介した。

それによると、東亜日報は「2018年は韓国の造船業界には意味深い1年だった。12年に受注量基準で世界造船トップの座を中国に明け渡して以来6年ぶりに世界トップのタイトルを取り戻したからだ。昨年の世界の船舶発注量は、ピークだった07年の30%水準だが、受注量1位を取り戻したことは大きな意味がある成果だ」とした。

一方で、東亜日報は「中国造船業は低迷している」とし、「中国は安い人件費による価格競争力を武器に00年以降、韓国を抜いて急成長した。だが、人件費が増加している上、品質や技術力で韓国に押されているためだ。造船業界によると、昨年1隻の船舶も受注できない中国造船所が約70%に上るという」とした。

スポンサードリンク
東亜日報は「韓国の専門家たちはこうした状況を楽観していない」とし、韓国造船海洋資材工業協同組合のカン・ジェジョン常務の話として「高付加価値の船舶を多く受注している大手造船会社は、新年も正常化に弾みがつくだろう。しかし、中国と競争する中小造船会社は困難な状況が続くだろう。中小造船会社は財政状況が悪く、海外受注も難しいうえ、バルクなど技術力があまり必要でない船舶の場合は中国の船舶の価格の方が安いので、中国に発注が行かざるを得ない」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

政府が公的資金を投入しては、低価格で船舶を受注する。これを繰り返すわけで、雇用維持重視であるから、失業よりはマシと言う政策で進んでいることが、世界船舶産業の船舶価格を低下させる原因となっている。回復しつつある輸送費とバランスが取れずに、韓国造船業は自国企業維持に国が関与しては税金を投入し、世界の船舶産業に異常をきたしているわけで、何とも困った問題である。

関連記事

[ 2019年01月04日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp