韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の温泉ツアーも人気、旧正月の海外旅行価格は前年同期比1割アップ

日本の温泉ツアーも人気、旧正月の海外旅行価格は前年同期比1割アップ

元旦が過ぎて、春節(中国の旧正月、今年は2月5日)までも約1カ月となった1月2日、複数の旅行会社では春節連休の海外旅行の予約も価格もアップする状況が生じており、その予約件数は前年同期比32%増、旅行価格も約10%アップしていると明かした。北京青年報が伝えた。

予約統計データによると、春節連休の人気海外旅行目的地トップ10は順に、タイ、日本、香港、シンガポール、ベトナム、インドネシア、モーリシャス、米国、オーストラリア、フランス。このうち、アイランドリゾート旅行が春節海外旅行で最も人気が高く、春節期間における海外旅行者数の6割を占め、特に、プーケット島、ダナン、バリ島に予約が集中している。このほか、日本の温泉ツアーやスキーツアーの人気も高く、北海道、富士山、東京、京都、大阪の各地は春節連休訪日旅行の人気目的地となっている。

春節連休の海外旅行予約において、予約件数は軒並み増加傾向にあり、予約数は前年同期比32%増加、旅行代金も約10%アップしている。オンライン旅行予約サイト「Lvmama.com」海外旅行事業部の鄒慶齢総経理は、「ビザ取得までの時間が長いことから、欧州やアメリカなど長距離ツアーは昨年11月から早くも予約受付が始まり、欧米方面の春節旅行では、すでにほぼ予約でいっぱいになっているツアーもある」と紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
韓国家計負債の74%を占めているのは、住宅ローンとなる。韓国の住宅ローンの特徴は、元金を払わず、利子だけを払うという点で、従って利子だけを払うことになっているので、まだ問題が顕在化していないが、満期が集中している2019年には元金をも払わないといけない。鬼門となるのが今年となる。

家計負債が増え続けている要因は、韓国の住宅制度そのものにある。韓国には「全貰(ジョンセ)」という制度があるが、今、その全貰と言う制度が崩れつつある。大家は家を貸すときにテナントから保証金を預かり、その保証金を運用する。ところが、低金利時代が到来し、大家は資金を運用するところがなくなり、運用先を失った大家は、これまでの全貰から、毎月家賃をもらうことができる「月貰(ウォルセ)」に切り替えている。 一方、毎月家賃を払うことに負担を感じるようになった若い層は、これを機に少し無理をしてでも住宅を購入しようということになる。金融機関も住宅ローンは、担保があって一番安全だし、住宅ローンは良いビジネスになるので、積極的に住宅ローンを販売する。

この状態で、韓国は不景気であるから、韓国の40代、50代の足りない収入を金融機関から借りたお金で賄っているのが現状である。ところが、このような家計負債に対して韓国政府では、深刻な状況として受け止めていない。満期が集中している2019年には元金を払えない人たちで大騒ぎとなる。それを見て政府は何を実施するのかが問題で、借金を税金で肩代わりすれば、ウォン量が増加し、もし市場に出れば通貨危機を誘導することになる。一部だけ対応しても、企業低迷であるから繰り返すだけでしかない。税金は不足し、借金して出ても訪日する連中が大勢いるわけで、今年の韓国人の訪日状態で様子がわかるのではないだろうか…。

関連記事

[ 2019年01月05日 08:19 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp