韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国型機動ヘリ、フィリピン向け輸出が頓挫

韓国型機動ヘリ、フィリピン向け輸出が頓挫

韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)のフィリピン向け輸出が公式に挫折したことが4日までに分かった。防衛事業庁(防事庁)の関係者は4日、「最近フィリピン政府から、米国製のブラックホーク(UH60)を購入することにしたという通知を受けた。

駐比韓国大使館に連絡があった」と語った。 韓国航空宇宙産業(KAI)と防事庁は昨年1年間、2500億ウォン(現在のレートで約240億円。以下同じ)規模のフィリピン向けスリオン輸出を重点事業として推進してきた。昨年6月にフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が韓国を訪れた際、国防部(省に相当)がソウル市竜山区の庁舎前にある練兵場でスリオンを展示したこともあった。

だがスリオンは、価格競争力と安全性の面でブラックホークの壁を超えることができなかった。米国側は、スリオン10機を購入できる価格でブラックホーク16機を提供すると約束したという。 フィリピン向けスリオン輸出の挫折で、KAIが昨年推進した大規模武器輸出計画は全て白紙と化した。先にKAIは、18兆ウォン(約1兆7300億円)規模に達する米空軍の高等練習機交換事業(別名TX事業)の受注戦にも臨んだが、最終的に脱落した。

スポンサードリンク
昨年は最悪の一年を過ごした韓国防衛産業界だが、今年も見込みは暗い。インド政府が推進している3兆ウォン(約2890億円)規模の複合対空防衛システム事業は、終盤になってロシアが受注戦へ参入してきたことにより難航しているという。
http://www.chosunonline.com/

フィリピン政府が、機体部分に関する評価でスリオンよりも米国のUH60(ブラックホーク)に高い点数を付けた。韓国側では、企業協力や各種の追加支援などを『オプション』として打ち出して終盤の総力戦を展開しているが、ひっくり返すのは事実上困難な雰囲気」と語っている。そもそも2018年7月17日、韓国南東部の慶尚北道・浦項で韓国製ヘリコプター「スリオン」を海兵隊用に改造した「マリンオン」1機が試験飛行中に墜落し、乗っていた6人のうち5人が死亡する事故が発生した。これに関し、韓国・JTBCは「スリオンは韓国製ヘリとして期待されていたが、開発段階から安全性が問題視されていた」と指摘している。

スリオンの運航停止措置は4度目で、韓国防衛事業庁は、「5月24日、スリオンヘリ左上フレーム(骨組み)に亀裂が発見された」とし、「運用中の60機の全スリオンヘリについて目視・非破壊検査を実施した結果、8機が同部位に1.2~1.5センチの亀裂が発生していたことを確認した」と明らかにしている。自国で問題となるヘリを他国に売る韓国政府である。

関連記事

[ 2019年01月05日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp