韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ネクソン身売り、未来産業の落伍

ネクソン身売り、未来産業の落伍

韓国最大のゲーム企業、ネクソンの創業者、金正宙(キム・ジョンジュ)代表が持ち株会社NXCに対する保有株式を全て処分する方針を固めた。2018年7-9月期に営業利益2381億ウォン(約228億円)を上げ、過去最高益を更新した優良企業を突然売ると言いだしたのだから衝撃的だ。ネットマーブル、NCソフトなど韓国企業には時価10兆ウォン以上と推定されるNXCを買収する余力がない。結局は韓国企業に目を付けている中国テンセント(騰訊)など外国企業に売却される可能性が高い。

2000年代初め、韓国は世界のオンラインゲーム市場を開拓した絶対的な王者だった。全世界が熱狂するeスポーツも韓国企業が生み出したものだ。しかし、5-6年前から中国企業が急浮上し、米中が二強の構図を形成し始め、韓国企業は主導権争いから後退した。ただでさえ競争で不利な立場にある状況でのネクソン売却は韓国ゲーム業界の没落を予言するシグナルと言える。毎年10%以上成長する未来の産業分野で韓国企業が主導権を失い、隅に追いやられている。

業界からは厳し過ぎる規制で事業継続意思が断たれたとの声が漏れる。青少年が深夜のパソコンゲームで遊べないようにする「シャットダウン制」など他国にはほとんど例がない規制でゲーム産業を縛っているからだ。

スポンサードリンク
また、週の上限労働時間を52時間に制限する新制度は、ゲーム発売までに開発者が数カ月の集中的な作業を進める必要がある業界の競争力を低下させた。中国政府が自国のゲーム産業を積極的に支援してきたのとは対照的だ。韓国政府はゲームを中毒性を助長する射幸性事業と位置づけ、規制を強化しようとしている。結局韓国ゲーム業界を代表する企業の創業者は自ら事業を放棄する道を選んでしまった。
http://www.chosunonline.com/

中国が買収すれば、韓国のゲームの競争力が急速に低下しかねないとしている。株式会社ネクソンは、PCやモバイル向けのオンラインゲームの開発及び配信をしている日本の会社。韓国のエヌエックスシー・コーポレーションの子会社で、NEXON Korea Corporationの親会社となる。主にNEXON Koreaで作られたMMORPG(多人数参加型ネットワークRPG)を日本語化・運営している。日本のオンラインゲーム市場における”老舗”である。買収候補には中国のテンセント、米国のディズニーなどが挙がっている。

親しい孫正義ソフトバンク会長が次々とゲーム会社関連株を整理したことに影響を受けたという見方もある。日本ソフトバンクは2016年当時、人気ゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」と「クラッシュ・ロワイヤル」の開発会社スーパーセルの株式(73.2%)をテンセントに売却している。

関連記事

[ 2019年01月05日 08:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp