韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  揺れるアップル…中国不振、高価格政策、傲慢さが災い呼んだ

揺れるアップル…中国不振、高価格政策、傲慢さが災い呼んだ

アップルが揺れている。昨年10月3日に一株233ドルで最高値を記録したアップルの株価が、今月4日には148ドルまで後退した。3カ月間に36%下がった。かなりの悪材料にも屈しなかったアップルの勢いが最近急激に折れた。

アップルのティム・クック最高経営者(CEO)は2日、投資家に送る書簡でアップルの2019会計年度第1四半期(2018年10~12月)販売展望を890億~930億ドルから840億ドルに引き下げた。アップルが売上展望を引き下げたのは16年ぶりであり、2005年iPod、2007年iPhone発売以来初めてだ。この発表でアップルのみならず韓国を含むグローバル証券市場が影響を受けた。

アップル不振の短期的原因は、クックCEOが明らかにしたように、売上の20%を占める中国市場での不振のためだ。2015年に12.5%だったアップルの中国スマートフォン市場占有率は、昨年は7.8%に下落した。米国との貿易紛争が激化し中国国内で反米感情が高まり、今年はさらに落ちると予想される。ある業界関係者は「中国のスマートフォン市場でサムスン電子の占有率が0%台に落ちたのには韓国政府のTHAAD配備の影響もあった」として「アップルも他人事でない」と話した。

スポンサードリンク
アップル不振のさらに根本的な原因としては、「革新なき高価格政策」が指摘される。アップルは、自らの生態系と熱狂的な“ファンダム”を基に高価格政策を繰り広げた。iPhoneの1台当たり平均卸売価格(ASP)は2010年の666ドルから昨年の796ドルを経て、最近では852ドルまで跳ね上がったと分析される。サムスン電子や華為などが200~300ドルに留まっていることとは大きな違いだ。アップルは、これを基に全世界のスマートフォン販売収益の60%以上を一人占めしている。アップルが2670億ドルと推算される莫大な現金を保有することになった背景だ。
http://japan.hani.co.kr/

アップルとて技術限界点である。アップルストアにiTunesと一連の連携で、サービスが行き届いていることが強みではあるが、それも限界にきている。そろそろアップルらしい何かがほしい。iPadは画像部分が強化されたチップ搭載とはいえ、秒間フレーム数で見ればわずかであるし、まだまだ伸びるべき部分ともいえる。ただし重量は保護ガラスやらケースなど追加すれば重くなるのは同じだ。これはiPhoneにも言える。アクセサリーは必要ないくらいの考え方がほしい。挙句に指紋認証が無くなった事で、非常に使いずらい。指紋認証は必要だろうと思う事が多々ある。

またワイヤレスイヤホンとはいえ、アプリによってはズレが生じて音も悪いなど問題は多々ある。イヤホンジャックが無くなりマイク感度も変化し、カラオケアプリなどでは調整は難しい。一世代前のほうが実に使いやすいともいえる。タブレットでいえば強度も低下しすぐ曲がるらしい。中国で売るには価格も性能も、ゲームに特化すれば、フレーム数のみならず、「FSAA」機能となる、リアルタイムに画面上のジャギーを取り除苦処理を考慮すれば、スマホ・タブレット共にPCから大きく劣るわけで、少なくともタブレットの画像GPUはその域に達してほしいものであるが…。画面が大きくなっても対応しないアプリが多すぎて恩恵を受けられないという側面も多々ある。

関連記事

[ 2019年01月07日 08:44 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp