韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、徴判決の報復で韓国に「トランプ式」関税の引き上げを検討?

日本、徴判決の報復で韓国に「トランプ式」関税の引き上げを検討?

安倍晋三首相が強制徴用裁判に対する具体的な対応措置の方針を指示したことに関連して保守メディアの産経新聞が7日、韓国製品を狙った関税の引き上げの可能性に言及した。 産経は「安倍首相は具体的な対抗策(対応措置)の内容を明らかにしなかったが、政府内では『トランプ米大統領の方式のように、韓国製品に対する関税を引き上げれば良いだろう』と言う閣僚がいるなど、関税法改正を通した制裁措置を求める声もある」と報じた。

実際に、日本政府内に韓国に対する関税の引き上げを主張する声があるのか、それとも政府周辺に出回っていることを保守メディアがアイディアのレベルで提起しているのかは不明だ。 しかし、日本国内にはこのように「トランプ大統領のように関税で韓国に圧力をかけよう」という極端的な主張まで出ているのが現実だ。

1965年請求権協定に定まっている両国間外交的協議や仲裁委員会、また日本政府が進めている国際司法裁判所への提訴など法的な措置以外に経済的対応措置も取り上げられている。韓国国民に対する出入国手続きや通関手順を厳しくする案など別途の立法措置なしに取れる行政的措置も挙げられている。

スポンサードリンク
ある外交消息筋は「観光ビザで入国して就職活動をする出入国違反事例に対する取り締まりを強化するなど、韓国人に対する法執行を厳格にする可能性もある」と伝えた。 これに先立ち、6日放送されたNHK『日曜討論』で安倍首相は強制徴用被害者が日本企業の韓国内資産の差し押さえを申し立てたことについて「このような動きは極めて遺憾」としながら「具体的な措置の検討を政府省庁に指示した」と明らかにした。
https://japanese.joins.com/

本来ならば貿易制裁で、日韓貿易を止め、渡航制限をかけるのが普通だろう。 徴用判決や特に火器管制レーダー照射は敵国となるわけで、韓国が敵国ならば、制裁処置を取るだろう。米国ではないが、火器管制レーダー照射で攻撃しなかっただけありがたいと思うべきだろう。何度言っても国際法を守らない韓国と会話は不要。 当然、韓国人が日本で就職活動する必要もない。観光ビザで入国して就職活動をする出入国違反は論外となる。夜の大阪で商売する韓国女性も摘発すべきだろうし、不法滞在一位の韓国人排除にも言及するべきである。

関連記事

[ 2019年01月07日 12:21 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
見せしめ逮捕
鶯谷の韓国人売春婦とその組織を一斉摘発すれば良い。100人単位で逮捕して、テレビ局に中継させるのは勿論、逮捕者を繁華街で時間を掛けて歩かせて、一般人にSNSに盛大にアップロードしてもらおう。
[ 2019/01/07 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp