韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国がある「重要分野」で韓国の独占状態を打破へ

中国がある「重要分野」で韓国の独占状態を打破へ

2019年1月9日、参考消息は、韓国による小型・中型OLEDパネルへの投資が停滞する中で、中国企業が生産能力を急速に拡大し、韓国企業の牙城を崩そうとしているとする、台湾紙・旺報の報道を伝えた。

記事は、旺報の8日付報道を引用。これまで世界のOLEDパネル市場はサムスンの独占状態だったが、昨年は同じく韓国のLGが競争に加わったほか、中国本土企業も積極的に発展戦略を進めきたとし、「現在までに中国本土では11のOLED生産ラインが建設済みまたは建設中である」とする、中国の調査会社CINNO Researchのデータを紹介。「サムスンの業界トップの座が脅かされつつある」とした。

また、リサーチ企業IHSの予測として、2020年におけるサムスンのOLEDパネル市場シェアは全盛期の95%から52%までに低下し、中国本土企業の京東方(BOE)が15%で2位に躍進、3位にLGディスプレイが11%で入り、4位天馬、5位華星光電と中国本土企業が続く構図になる見込みだと紹介している。

スポンサードリンク
記事は、中国本土企業の急成長によって競争の激化が見込まれる中、サムスンも次世代の新製品製造ラインの確保に取り組むなど応戦体制を取り始めていること、LGは軸を大型のテレビ向けOLEDパネルに移しつつあり、今後2年以内に韓国国内と中国の広東省を中心に135億ドル(約1兆4700億円)を投資して生産体制を強化する計画であることを伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2017年の有機ELパネル材料および部品市場全体は97億9,400万米ドルで、2018年には35%成長した132億米ドル前後になる見込んでいる。主な成長要因としては、サムスンディスプレイとLGディスプレイ、中国のパネルメーカーにおける第6世代フレキシブル有機EL量産ラインの生産能力拡大による。また中国の主要なパネルメーカでは中小型OLEDパネルへの投資スケジュールを一部ずらし、韓国と同様に中国も投資が萎縮するという予想が出ていた。中小型OLED投資に慎重な韓国パネルメーカーに対して、中国は事業推進に速度を出して韓国を追撃する形勢に入った。

最大のディスプレイメーカーBOEが第四のフレキシブルOLED工場のB15を、福州に投資することに決めている。BOEは福州市政府と協定を結んで合計465億元(約7兆5700億ウォン)を投入して、月に4万8000枚の生産能力の規模の工場を建設する。BOEは昨年初めに第三のフレキシブルOLED工場のB12起工式を開催した。後に第四工場への投資を確定した。当初B15工場は建設される位置が確定していなかった。この投資を決定したことにより、BOEは、サムスンディスプレイを抜いて世界最大の6世代フレキシブルOLEDの生産能力を備える見込みだ。

関連記事

[ 2019年01月10日 08:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp