韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  テレビも、フォトプリンターも…韓国製品を堂々と模倣する中国

テレビも、フォトプリンターも…韓国製品を堂々と模倣する中国

中国は技術崛起をしているのだろうか、それとも1990年代のようにまだ先進国の商品を模倣しているのか。 米ラスベガスで家電・技術見本市「CES2019」が8日(現地時間)に公式的に開幕した中、華為技術(ファーウェイ)やTCLのような中国企業も観客を本格的に迎えた。中国企業はもう世界市場でトップを競うほど規模が拡大したが、展示場では韓国企業を模倣した「Me tooマーケティング」が見られた。

中国を代表するテレビ製造企業TCLのブースに入ると「QLED」という見慣れた文字が見える。前日(7日)にサムスン電子が記者懇談会で発表した主力商品もQLED 8K TVだ。4年前の2015年ごろサムスンは従来の液晶(LCD)パネルのバックライト基板に量子ドットを搭載して明暗比などを高めたテレビを「QLED TV」と命名した。

TCLの「サムスン模倣」はこれだけでない。ブース内の「ザ・シネマ・ウォール」という専用映画館もサムスンのブースの「ザ・ウォール」と単語1つを除いて同じだ。サムスンのザ・ウォール、TCLのシネマウォールともに次世代ディスプレーと評価される「マイクロLED」を素材にしているが、名前までが同じということに驚く。TCLはこの5年間、テレビ市場でシェアを急速に拡大し、サムスン、LGに続いて世界3位の企業だ。

スポンサードリンク
TCLから5分ほど歩いて到着した中国の「技術崛起」の象徴、華為技術のブース。ここでも韓国国内で見たような商品が目に入った。スマートフォンで撮った写真をすぐに印刷できる「ポケットフォトプリンター」だ。この商品もLGエレクトロニクスが2014年に発売して国内で1年6カ月の間に50万台が売れた「ヒット商品」だ。セルカを撮った後、スマートフォンでボタンを一度だけ押せば写真が印刷される方式までLGの「ポケットフォト」と同じだ。記者が華為技術のポケットフォトプリンターで撮った写真をLGエレクトロニクスのある役員に見せると「私たちも知らなかった」と当惑した。
https://japanese.joins.com/

韓国が実施してきたことを中国が行うと目の色を変えて報道する。LG電子の前身となる金星社時代に電子写真販売の営業拠点を設置した。当時、大型電子写真方式のプロッターから、モノクロの感熱紙使用のポケットプリンターを指導し販売した経緯がある。元は日本技術であるわけで、その後中国にも販売拠点を設置している。もともとは米国の子会社に指導し製造と営業を任せたのだが、米国の顧客から、中国或いは韓国にまで繋がりがある事を確認している。

関連記事

[ 2019年01月10日 09:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp