韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本、過去の不幸だった歴史に謙虚な立場を持つべき

日本、過去の不幸だった歴史に謙虚な立場を持つべき

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日10時から青瓦台(チョンワデ、大統領府)で内外信記者200人が参加した中で記者会見を行い、執権3年目の国政構想を明らかにした。 

文在寅大統領は記者会見文の発表後、内外信記者と質疑応答の時間を設けた。文大統領は韓日関係と強制徴用に関する大法院(最高裁)判決問題を尋ねる記者の質問に「過去、韓国と日本間の不幸だった歴史があった。その歴史のために韓国と日本が新しい外交関係を樹立して韓日基本協定を締結したが、それですべてが解決されたわけではないと思われる問題がまだ少しずつ続いている」として「日本政府がそれに対してもう少し謙虚な立場を持つべきだ」と述べた。

また、「そのような問題に対して日本政治家と指導者が度々それを政治争点化し、問題をさらに論争の的にして拡大させていくのは正しい態度ではないと考える」として「日本が韓国裁判所の判決に対して不満は示すことはできるが、韓国政府は司法府の判決を尊重しなければならない」と話した。

スポンサードリンク
文在寅大統領は「(強制徴用賠償判決)問題を政治的攻防にして未来志向を傷つけようとするのは望ましくない」として「被害者の実質的な苦痛を癒やすことを韓日両国がどのように解決していくことができるか真剣に知恵を絞っていく必要がある」と話した。
https://japanese.joins.com/

産経ニュースでは、約30分間にわたった冒頭の演説部分の大半を雇用問題といった経済分野に充てた。経済政策に批判が集まり、支持率が低迷しており、国民の不満を意識したとみられると報じている。また、韓国語のニュースでも、文大統領はこれと共に強制徴用賠償判決とレーダー問題などで対立している日本との関係については、特別な言及をしなかったと報じている。こちら

中央日報記事は会見後の話を強調して記事にしたわけで、文大統領記者会見と題しているが、会見後となる。文大統領は会見では今問題となっていることに言及していない。

関連記事

[ 2019年01月10日 12:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
メデタイ
文大統領は、期待を外さず日本と断交する意思を表明したようだ。はっきりとは言わないのがダメだが。
この調子で韓国から日韓基本条約を破棄するよう、持っていくことが重要。
日韓基本条約が破棄されたら、同時期に締結された日韓法的地位協定も破棄される。
日韓法的地位協定が破棄されたら、直ちに在日韓国人が日本に在留できる法的な根拠が消滅する。
すなわち、在日韓国人は不法滞在者として強制送還されることになる。
文の演説からみると、今年は正月からメデタイことが続くかもしれない。
[ 2019/01/10 15:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp