韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「サムスン依存」が深刻 今年の韓国経済に不安感

「サムスン依存」が深刻 今年の韓国経済に不安感

企業情報を分析する韓国CXO研究所は13日、この日創業50年を迎えたサムスン電子が2018年まで17年間、売上高で韓国トップを守ったと伝えた。また、ここ7年間、売上高上位1000社の上場企業の総売上高のうち同社の売上高が10%前後を占めており、韓国経済の行き過ぎた「サムスン依存」も指摘した。

同社の営業利益が上位1000社の総営業利益に占める割合は13年に過去最高の29.2%を記録し、1000社の当期純利益に占める同社の割合は42.4%に達した。ただ、同社の営業利益の推移をみると、01年には前年比69.1%急減し、上位1000社の総営業利益に占める割合は6.3%に縮小。世界金融危機に見舞われた08年には5.7%まで落ち込んだ。

0年以降は営業利益が2~3年増加した後、急減するというサイクルを繰り返している。これを当てはめると16~18年に増益だったため、19年は実績が大幅に悪化し、韓国経済全体が不振に陥るとの懸念も出ている。証券各社もサムスン電子の19年の営業利益を平均で24.3%減益と予想しており、韓国経済の先行きへの不安感が強まっている。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
韓国サムスン電子のスマートフォン事業に暗雲が立ちこめ始めた。新機種の不振や中国勢の台頭で絶対王者の証だった「世界販売3億台」に黄信号がともる。スマホの有力市場、中国、インドでの後退も響き足元のスマホ部門の営業利益は前年と比べて3割以上減少。S9の世界販売は前年のS8に比べて減少。S8の17年販売は市場予想を大幅に下回り4000万台弱となったが、S9はさらなる低下が避けられない。8月に発売開始した最新機種「ノート9」も革新性が不十分。

一方で韓国の輸出全体に占める半導体の割合は21%強、国内最大のサムスン電子の利益の3分の2は半導体事業だ。売上高は韓国の国内総生産(GDP)の15%に相当する。株式市場も同社株価の影響を受けやすい。半導体輸出が崩れれば、韓国経済は激しい痛みを被る。半導体輸出への依存が高まるのに伴い、これに替わる成長エンジンが喫緊に必要になる。韓国の半導体メモリーの大部分が中国市場で組み立てられる電子機器に用いられ、米市場に出荷されていることを考えると、米中貿易摩擦は新たな大きな懸念材料となる。

また中国企業の半導体ラインが稼働し、サムスン半導体の先の見通しが減少し、造船業に自動車産業低迷と主力産業が低迷する中でのサムスンの先行き不透明は大きな不安材料となる。

関連記事

[ 2019年01月13日 19:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
脱韓国のようで
サムスンのメモリ生産戦略をみると、
昨年増産投資を決めた韓国内の平沢工場は投資延期、
中国の西安工場は増産投資実行、
市況が落ちるなか、投資リスクを取らせるのは、
国内工場ではなく中国工場、メモリの消費地は中国だし、
コスト対応能力は中国工場のほうが高いのだろう。

なので、問題は、「サムスン依存」ではなくて、
「サムスンの脱韓国」ではないか。
[ 2019/01/13 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp