韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  スマートフォン市場に“寒冷前線”…「半導体以上に深刻」

スマートフォン市場に“寒冷前線”…「半導体以上に深刻」

サムスン電子とLG電子のスマートフォン事業の不振が深刻だ。LG電子が3年余り前から困難に陥った中で、サムスン電子は最近1年間で実績が急減した。最近不振に陥った半導体事業より状況が厳しいという診断もある。サムスン電子とLG電子は8日、前年同期比で営業利益が30%、70%ずつ減った昨年第4四半期実績を公示した。共通点は、スマートフォン事業の不振が実績不振の主な理由の一つということだ。

サムスン電子はこの日、実績不振に関する説明資料を異例にも別途出した。「市場の成長が鈍化した中で、競争の深化でスマートフォン販売量が停滞し、シーズン・プロモーションなどマーケティング費の増加で利益が減少した」。減る需要を防御するためのマーケティング費が増え、利益が減ったということだ。サムスン電子の昨年第4四半期のスマートフォン事業売上は22~23兆ウォン(約2.2~2.3兆円)で、前年同期比5%程度減り、営業利益は1.2~1.7兆ウォン(約1200~1700億円)で前年対比30~40%減ったと推算される。

LG電子は一層深刻だ。2015年に始まったスマートフォン事業の赤字が、15四半期連続し、昨年第1四半期から1千億ウォン(約100億円)台に減った四半期赤字幅が第4四半期に再び3千億ウォン(約300億円)台に増えたと推定される。かろうじて維持してきた2兆ウォン(約2千億円)台の売上も、昨年第4四半期には1兆ウォン(約1千億円)台後半に下がったと推算される。

スポンサードリンク
問題は、スマートフォン事業の不振がスマートフォンの新規需要減少と、華為など中国企業の浮上という構造的問題に基づいたものなので、反騰が容易でないということだ。ストラテジー・アナリティックス(SA)が集計したグローバル スマートフォンの販売量によれば、昨年のスマートフォン出荷量は14億4000万台で、前年度の15億800万台より5%程度減った。スマートフォンの登場以来、初のマイナス成長だ。
http://japan.hani.co.kr/

アメリカのベンチャーキャピタル、KPCBがインターネットのトレンドをまとめた年次レポート「Internet Trends 2018」を公開しました。その中で、全世界におけるスマートフォンの出荷台数が初めて減少したことが判明した。スマートフォンの平均価格も減少の一途をたどっています。2011年ごろまでは400ドル以上だったのが、2016年には300ドルを切り、2017年は少し上がったものの300ドル前半に落ち着いている。

近年スマートフォンは高性能化し、一度購入すれば数年間は使用できるほどになった。毎年投入される新モデルもひとつ前のモデルとさほど変わらず、さらに各社同じような機能のスマートフォンが多く、新しいスマートフォンに買い替えづらい状態が続いている。今までインドネシアなどはサムスンの低価格スマホの性能が悪く不満が大きかった。とは言え万単位の商品は、月収からすれば高価なわけで、多少高くても長く使える商品となる中国スマホに移行している。この状況はインドでも同じだ。

関連記事

[ 2019年01月14日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
もはやスマホはコモディティに成り下がったので、昔のPCやCDプレーヤーの様に急激に収益性が消えてしまうと思いますね。サムスンのスマホが世界から消え失せるのもあと5年もかからないでしょう。
[ 2019/01/14 09:22 ] [ 編集 ]
キャリアが儲ける
>シーズン・プロモーションなどマーケティング費の増加で利益が減少した

マーケティング費というのは、いわゆる「販売促進費」、
販売店に支払う値引き用のバックマージンが出ているような、
スマホメーカより、通信キャリアが儲かる市場構造、
[ 2019/01/14 11:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp