韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新年の希望の代わりに非常灯から点灯した韓国経済

新年の希望の代わりに非常灯から点灯した韓国経済

新年経済の出発が不安だ。低迷した内需の代わりに韓国経済を支えてきた輸出に年初から異常信号が現れている。韓国開発研究院(KDI)はきのう発表した経済動向資料で、「最近の韓国経済は内需不振が続き輸出も萎縮するなど景気鈍化傾向が続いている」と診断した。先月のKDIの経済動向資料と比較すると輸出は「増加傾向は緩慢」から「萎縮」に、景気は「漸進的鈍化」から「鈍化傾向持続」に変わった。

実際に昨年12月の輸出は前年同月に比べ1.2%減り減少傾向に転換した。今月に入ってから流れがさらに悪くなった。関税庁の集計によると今月10日までの輸出は前年同月比7.5%急減した。主力産業のうち孤軍奮闘していた半導体輸出が27.2%も減ったのが大きかった。内需が冷え込む中で輸出まで萎縮するなら韓国経済は出口がなくなる。

韓国経済をめぐる対内外環境は「新年の希望」を話すことすら手にあまる。米中通商対立の激化、高まる保護貿易障壁、米国の利上げの可能性の中で世界経済成長見通しは下方修正されている。米国の成長鈍化見通しが深まる中で中国まで輸出・内需指標の不振で景気下降の懸念が大きくなっている。韓国国内では生産、消費、投資指標の不振が続いている。

スポンサードリンク
(中略)輸出と内需の結びつきが過去より弱まったという指摘はありえる。だが現在の状況で輸出大企業まで厳しくなっては韓国経済は解決策を探すことはできない。経済体質改善が必要だとしてもタイミングがある。有能な医師ならば目の前の痛くて寝ている患者に「根本処方」だけに固執したりはしない。「言葉と行動が別々」の政策歩みを継続する限り企業の投資心理もやはり回復するわけがない。
https://japanese.joins.com/

大手企業から仕事を受注している中小企業を考えれば、大手企業の低迷は韓国経済にとって大きなダメージとなる。最低賃金の上昇で、個人や零細企業にとっては大きな打撃となった。記事では、政府・与党でも最近経済を強調する発言が増えている。企業と経済現場を訪問する政府関係者も頻繁になった。文在寅大統領は年頭記者会見で「体感できる経済成果」を新年の目標に掲げたが、果たしてこの意志を実践が後押しできるかは疑問だと報じている。文氏の発言でより一層反日が強くなり、訪韓する日本人は減少するだろう。今年中に貿易制裁があれば、韓国はさらなるダメージを受けることになる。それでも反日政策を継続するのかは、今の韓国は反日政策を継続し崩壊するにふさわしい状態と言える。

関連記事

[ 2019年01月14日 12:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
済州島のパクリみかんが韓国経済崩壊の実体だ
韓国経済が何故低迷しているのか、と騒いでいるが韓国済州島のパクリみかんを見れば韓国の経済の本質が解るだろう。
日本の技術をパクリ、又はコピーして安い労働力で大量生産する事で成長してきたのだから人件費が高騰してしまえば終わりでしょう。
自国で世界中の何処にも無いオリジナルの商品を開発しなかったのだから後から追いかけて来る国に追い落とされるのは当然でしょう。
急速充電出来て絶対に爆発しない大容量のバッテリーでも開発すれば世界に君臨出来るのに何故、開発しないのか?


[ 2019/01/15 07:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp