韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国公正委、「燃費誇大広告」日産に課徴金9億ウォン

韓国公正委、「燃費誇大広告」日産に課徴金9億ウォン

日産が燃費の虚偽広告で韓国公正取引委員会(以下、公取委)の制裁を受けた。 韓国日産と日産本社が車の燃費を誇張し、大気環境保全法など排ガス基準を遵守するかのように事実と異なる広告を出したことに対し、公取委は課徴金9億ウォン(約8700万円)を賦課し、検察に告発したと16日、明らかにした。

日産は2014年2月から11月まで中型セダン「インフィニティ Q50 2.2D」を販売したが、車の付着ステッカー、カタログ、広報物を通じて、実際の燃費は14.6キロであるにもかかわらず15.1キロであるかのようにデータを操作して関係部処の承認を受けた後、広告を出した。

また、2015年11月から2016年6月まで「キャシュカイ」ディーゼルSUVを販売したが、大気環境保全法の規定に適合するよう製作され、欧州のディーゼル車排ガス基準ユーロ6を満たすかのように事実と異なる広告を出した。日産はこうした虚偽広告で計2864台を販売した。販売金額は900億ウォンを超える。

スポンサードリンク
公取委は韓国日産に課徴金9億ウォンを賦課すると同時に、燃費誇張表示・広告と環境基準充足表示・広告に関してそれぞれ韓国日産と日産本社を検察に告発することにした。 公取委関係者は「粒子状物質など大気環境に対する消費者の関心が高まる状況で、排ガス関連不当表示・広告に対して厳重制裁したという点で大きな意義がある」と述べた。
https://japanese.joins.com/

韓国公正取引委員会は、表示広告法に抵触する不当な広告表示があったとして、トヨタ自動車の韓国法人に対し、広告の中止と課徴金8億1700万ウォン(約8千万円)の支払いを命じたわけで、日産と合わせて2件目となる。韓国公正取引委員会は、燃費と排ガス認証に関する虚偽広告があったとして、韓国日産と親会社の日産自動車(横浜市)を表示広告法違反の容疑で検察に告発すると発表し、両社に是正と総額9億ウォン(約8700万円)の課徴金支払いを命じる決定を下した。

タイミングがタイミングだけに、徴用工問題は難しいとみるや、日本企業に焦点を合わせ、広告調査で攻め立てているように感じてしまうが…。

関連記事

[ 2019年01月16日 18:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
さっさと撤退したほうが良い
燃費捏造の総本家の韓国がトヨタに燃費で難癖を付けるのでは、もうめちゃくちゃ。
こんな腐りきった国からはさっさと決別したほうが良い。
[ 2019/01/16 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp