韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ファーウェイ包囲しようとした米国、予想外の結果に

ファーウェイ包囲しようとした米国、予想外の結果に

2019年1月16日、参考消息は、スマートフォンの世界市場シェアにおいてファーウェイがアップルを抜いて世界2位になる見込みだと伝えた。 記事は、市場予測会社のTrendForceの最新の報告を紹介。「19年のスマートフォン市場は、世界的な経済の波の影響や、機種変更サイクルが長くなっていること、新しいアイデアが少なくなっていることなどで市場全体が低迷し、世界のスマホ総生産量は14億1000台となり、18年と比べて3.3%減少する見込みだ」と伝えた。しかし、ファーウェイは米国による「包囲網」にもかかわらず、今年はアップルを超えて世界第2位のシェアになる見込みだという。

記事は、「ファーウェイは、豊富な製品ラインナップ、自主開発した半導体という優位性によって、ハイエンド機種のPシリーズやMateシリーズが中国におけるアップルのシェアを奪った」とし、積極的に東欧、ラテンアメリカなどの新興市場へ進出した結果、18年の生産台数は2億500万台に達し、前年比30%増となったという。 また記事によると、TrendForceはファーウェイの生産台数が今年2億2500万台(シェア16%)となり、アップルを超えて世界第2のスマホブランドになると予想しているという。ただ、「世界貿易の不確実性がファーウェイの生産と出荷に影響を及ぼすため、動向を観察する必要がある」とも指摘しているとのこと。

スポンサードリンク
記事は、「現在、ファーウェイ包囲網が敷かれているものの、ファーウェイは中東、アフリカ、南米等の地区で成功を収めている。現在、ファーウェイの売り上げの半分近くが中国以外の地域からだ」と指摘。「アフリカや中東、東欧の一部、及び南アメリカの人口の合計が中国の人口とほぼ同じになるため、これらの市場には大きな潜在力があり、ファーウェイが力を入れて開拓する重点地区となっている」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

中国の通信機器大手・華為技術の孟晩舟副会長兼CFO(最高財務責任者)がカナダで逮捕された事件は、この結節点を想起させる。安全保障やサイバー政策の専門家らは、この逮捕容疑を額面どおりに受け止めてはいない。イラン制裁云々よりも以前からファーウェイと激しいせめぎ合いを繰り広げていた。その背景には、インターネットなどサイバー空間の主導権を中国企業または、その背後にいる中国政府に握らせまいとするアメリカ側の思惑がある。サイバー空間は誰かが支配するようなことがあってはならない。それが中国によって牛耳られてしまう可能性が出てきており、アメリカは強く懸念しているわけだ。

その鍵となるのが、次世代の通信規格である5G(第5世代移動通信システム)の存在となる。記事にある様に、ファーウェイが結んだ22の5G契約のうち、中東が5カ国を占めている。ファーウェイは中東、アフリカ、南米等の地区で成功を収め、しかもファーウェイの売り上げの半分近くが中国以外の地域となれば、中国でアップルが締め出されれば、米国は大きな打撃となる。思惑のせめぎあいは今後も加速しそうだ。

関連記事

[ 2019年01月18日 11:23 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp