韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界経済成長の流れから外れた韓国、原因は?

世界経済成長の流れから外れた韓国、原因は?

2019年1月16日、韓国・中央日報は、「韓国経済が世界経済成長の流れから外れている現象が明白になってきている」と伝えた。

中央日報は、経済協力開発機構(OECD)が主要国の最新資料を反映し成長率を小数点以下の数値まで見通した「実質国内総生産(実質GDP)予測」を分析した。その結果、2018年の韓国の経済成長率(実質GDP基準)は2018年5月の予想より0.38ポイント下がり2.66%となる見通しだという。世界経済成長率は0.15ポイント低下の3.66%だが、韓国よりも減少幅は少ない。韓国の経済成長率が世界経済成長率を1%以上下回るのは、1998年の通貨危機以降初めてだという。

また、昨年の米国の経済成長率見通しは2.89%だった。経済規模が韓国に比べ12倍も大きい米国が韓国より高い成長率を記録したのは、1980年のオイルショック、1998年の通貨危機、2015年のMERS(中東呼吸器症候群)など外部要因があった時を除くと初めてだという。また、逆転幅も通貨危機以降最も大きいとのこと。

スポンサードリンク
高麗大学経済学科のカン・ソンジン教授は、「競争国は法人税減税や規制緩和など、企業活性化政策を行っている一方で、韓国の政策は法人税を上げ、企業の負担を増やすなど逆行している」と指摘し、「2018年の世界経済が好況の中で韓国経済が低迷した最も大きな原因」と話したという。
https://www.recordchina.co.jp/

今年の経済見通しは内外の予測機関、金融会社、企業などを含め悲観論一色だ。実体景気だけでなく株式や不動産などの資産市場も同様だ。 最低賃金10.9%追加引き上げと過激な労働時間短縮など所得主導成長政策の逆風が思った以上に大きくなり、労働界の強硬闘争が広がり企業の投資心理がさらに冷え込むことになる。挙句に、日韓関係の冷え込みはさらに韓国経済にとどめを打ちそうだ。貿易制裁でも日本が実施すればひとたまりもない。今の韓国経済は、自国政府が自滅に追い込み、とどめ打ちをしているに過ぎない。

関連記事

[ 2019年01月18日 11:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp