韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国バッテリー業界に発注殺到、今年の業績に期待

韓国バッテリー業界に発注殺到、今年の業績に期待

韓国の電気自動車(EV)用バッテリー業者は昨年、過去最大規模の受注を達成し、急成長軌道に乗った。昨年は販売競争で中国や日本に押され気味だったが、大規模受注で逆転の足掛かりをつかんだ格好だ。半導体、スマートフォン、ディスプレーなど既存の主力IT産業の成長が頭打ちとなる中、バッテリーが成長をけん引することに期待が高まっている。

バッテリー業界と証券業界によると、サムスンSDI、LG化学、SKイノベーションなど韓国のバッテリー3社によるEV用バッテリー受注残高は昨年末時点で175兆ウォン(約17兆円)を超えた。昨年1年間の新規受注だけで110兆ウォンに達した。欧米の自動車メーカーがEV事業に本格参入し、中国や日本ではなく、韓国メーカーへの発注を増やしているためだ。これまで世界のバッテリー市場は日本のパナソニックが米EV大手テスラ向けの受注を独占し、首位を走ってきた。

また、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)と比亜迪(BYD)が内需向けを中心に2、3位で追う展開だった。これに対し、韓国のLG化学、サムスンSDIは4、6位にとどまっていた。NH投資証券のアナリスト、コ・ジョンウ氏は「現在はEV市場が本格的に開花し、欧米のメーカーが先を争う用にEVを発表している状況だ。これまで技術開発と攻撃的な設備投資を行ってきた韓国メーカーにチャンスが訪れた」と分析した。

スポンサードリンク
韓国メーカーの受注増は、米GM・フォード、ドイツのフォルクスワーゲン・BMW・ダイムラー、フランスのルノー、英ジャガーランドローバーなど欧米の自動車メーカーの戦略変化が背景にある。テスラを警戒する各社はバッテリー業界首位のパナソニックに友好的ではない上、中国のバッテリーメーカーの技術力も疑っている。
http://www.chosunonline.com/

韓国製造業の大黒柱である自動車産業が、昨年、内需・輸出ともにマイナス成長だ。さらに中央日報は、韓国の電気自動車用バッテリー産業が市場支配力を持つ中国と技術力を保有する日本の間で生き残るには、次世代技術の開発と制度的支援の拡大が必要とつたている。世界最大規模の自国電気自動車市場を基盤に急速に成長するCATLやBYDなどの中国企業と、テスラに供給先を確保している日本のパナソニックと比較し、LG化学やサムスンSDIなど韓国企業の市場での位置づけは実は低下している。朝鮮日報は発注殺到と言う題名で今年も期待しているが、現実そう単純ではないだろう。

関連記事

[ 2019年01月19日 09:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp