韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「自分で自分の首を締める」形に…「反日親北」路線で墓穴掘る文政権

「自分で自分の首を締める」形に…「反日親北」路線で墓穴掘る文政権

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は日本を攻撃して、自分の国をどうしたいと思っているのだろうか。
「反日・親北」路線で北朝鮮と南北統一を果たし、中国の勢力圏に入ったとしても、韓国の自由だ。だが、それで経済が回っていくかといえば、難しい。韓国経済は日本依存で成り立っている面が大きいからだ。文政権は「自分で自分の首を締める」形になってきた。

韓国は輸出の国内総生産(GDP)比が2015年で45・9%(世界銀行)と半分近くを占めるように、貿易で稼いでいる。とりわけ、日本は中国、米国に次ぐ3番目の貿易相手国である。問題はその中身だ。日本からは部品や素材、工作機械を輸入し、それらを使ってつくった製品を輸出している。精密部品や精密加工をする日本の機械は、他の追随を許さない。言い換えれば、韓国は日本の部品や素材、工作機械がないと「メイド・イン・コリア」を世界に輸出できない構造になっている。韓国は恒常的に対日貿易赤字でもある。

そうだとすると、日本企業が「俺たちをいじめるなら、韓国とは取引しない」と言い出せば、困るのは韓国ではないか。例えば、日本が独占状態にある高品質なフッ化水素を供給しなくなれば、韓国は半導体を製造できなくなる。半導体製造にフッ化水素は不可欠だからだ。

スポンサードリンク
韓国の対中輸出は全体の25%に上る。だから、文政権は「日本が離れても、中国がいれば大丈夫」と思っているかもしれない。ところが、その中国は米国の制裁関税にのたうち回っている。米国企業は中国から脱出し始め、生産のサプライチェーンを見直しつつある。めぐりめぐって、頼みの対中輸出も先細りになる可能性が高まっているのだ。まさに「親がこければ、子もこける」関係である。
http://www.zakzak.co.jp/

というか日韓貿易で韓国は部品を製造し、中国に輸出し、中国で製品として、米国に輸出する構図である。日韓貿易で日本は年約2兆円の貿易収支となる。韓国はそのマイナス分を韓米貿易で相殺する形だ。従って中国貿易が主な利益となるわけで、日韓貿易が途絶えれば中国で製品にできないわけで、日本は日中貿易を加速し、中国に中間財を輸出すれば、韓国は必要がない。勿論他の貿易もあるが、日本にとって大きな痛手にはならない。

そういう構図を文大統領は理解していない。もし日韓貿易において日本が制裁を実施すれば、たちまち韓国経済は途絶えるだろう。一方韓国は東日本大震災においての福島原発事故で、いまだ福島産というだけで日本からの輸出を受け入れていない。制裁ではないが、日本の対応は実に韓国にやさしい。だが今後は、韓国を制裁することである。いつまでも反日政策で外交力もないのでは、日米は韓国を切るしか道はない。

関連記事

[ 2019年01月20日 08:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp