韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  神になろうとしている韓国政府

神になろうとしている韓国政府

メディアは現実を「ありのまま」を映す鏡ではない。社会的事件と現象の中に含まれたファクト(fact・事実)と価値に迫り、包容と排斥、修正と変形を経て大衆が実体を判断するように枠(フレーム)を提示する。ジャーナリズムでは「実在の社会的再構成(social construction of reality)」という。新聞と放送は各自理念と指向する方向に従って、さまざまなフレームを描き出すことができる。それがメディアの多様性だ。

所得主導成長を評価する見解は進歩でも保守でも報道機関ごとに違うのが正常だ。共に豊かに暮らそうという社会主義的理想から見れば肯定的だ。だが、理念にこだわる中途半端な推進とみすぼらしい実績に注目すれば失望フレームが妥当だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先日、「否定的に報道する経済失敗フレームが強力に作動している」と述べてフレーム論争を起こした。最低賃金を勢いよく引き上げて国民の所得・消費増加と雇用創出で好循環させようとする取り組みを、一部が「失敗誇張フレーム」でゆがめているという認識が根底にある。ある者は「保守理念同盟の汚染された報道」と話してこれを助長した。ならば2008年BSE(牛海綿状脳症)波動をあおった「狂牛フレーム」は今何というのか訊ねたい。

スポンサードリンク
文政府発足後、昨年末までに54兆ウォン(約5兆2600億円)が雇用創出に投入された。結果は最悪の雇用惨事と貧富の格差だ。54兆ウォンといえば、執権1年半(78週)の間に毎週約7000億ウォンを注ぎ込んだということだが、開いた口が塞がらない。ただ背中を暖かくして腹を満たしてほしいという人間の普遍的欲望が脅威を受ける状況を、悲観的フレームに入れることは非正常なのか。きれいなフレームに入れたからといって、醜く暗い現実がバラ色の風景画に変わったりはしない。それでもいままで来た道をこれからも変わらず進んでいくという自信を見ると、政府には「誤謬」(誤り)という単語はない。
https://japanese.joins.com/

メディアは現実を「ありのまま」を”正しく”映す鏡で良い。韓国メディアはありのままでさえ報じないわけで、正しい数値と、正しい出来事を正確に報じる事である。それに対し、自社或いは社外専門コメンテーターの解説や、専門家のインタビューを報じればよいと考えるが…。そもそもコメンテーターから解説までを含んだ社説ばかりのメディアも珍しい。挙句に反日様に変更するから実態がつかめない。経済・社会のデーターにしても不正確が多すぎる。

さらに言えば、ニュース記事の使いまわしが多すぎるという事もある。もっと汗水流した記事がほしいと思うが…。いちいち調べなおすのでは我々の負担が大きい。最も、だから我々の記事が重要ともいえるが…。先日韓国企業アカツキから記事掲載の依頼があったが…。私は保留とした。メディアが解説まで含むならば、正しい記事と解説とはわけでほしいものである。韓国メディアが記事のようにそこまで語るのであれば、いつどこで誰が何を実施すれば云々と言う基本的な対応策まで掲載するべきだろう。対応策のない歯抜け記事では困りごとだが…。そこまで完璧な記事掲載ならば、神になろうとしている韓国政府と言う題名にはならないだろう。

そもそも最低賃金を守らない企業が多すぎる現実すら掲載しない。最低賃金を守らせるだけで十分格差社会の対応になるはず。まずはそこから始まるのでは…。経済・社会さらには外交の素人である文氏に、しっかりとなすべきことを報じる事である。

関連記事

[ 2019年01月20日 12:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp