韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  2月末に会う米朝首脳…交渉の本ゲームが始まった

2月末に会う米朝首脳…交渉の本ゲームが始まった

北朝鮮と米国が2月末ごろに2回目の首脳会談を開き、北朝鮮の非核化などの懸案を話し合うことにした。トランプ米大統領は18日、米国を訪問している北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長の表敬訪問を受け90分ほど会談した後、ホワイトハウスのサンダース報道官を通じてこうした内容を発表した。これにより昨年シンガポールで行われた首脳会談に続き8カ月ぶりに北朝鮮と米国のトップダウン方式の首脳外交が続くことになった。特に昨年豊渓里(プンゲリ)の核実験場爆破と東倉里(トンチャンリ)のミサイルエンジン実験場解体で止まった北朝鮮の非核化措置に弾みを付けられる踏み台がひとまず用意された。

昨年11月8日に予定された高官級会談が延期されて双方ともに対話への渇望があったというのが北朝鮮専門家の評価だ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は2020年の労働党創建75周年を期して経済的な成果を出さなくてはならず、最小限今年下半期から集中的な投資とドライブが必要だ。そうするためには対北朝鮮制裁解除を通じた外部からの輸血は避けられず、米国との交渉を通じた取引が必須という状況だ。トランプ大統領もやはりロシアスキャンダルなどで窮地に追い込まれた政治的劣勢を克服するための突破口が必要だ。北朝鮮の核問題解決は昨年11月の中間選挙で下院を民主党に渡してさらに立場が狭くなったトランプ大統領が再選レースで突破口として活用できる要素のひとつだ。トランプ大統領がことあるごとに「どこのだれもできないこと(非核化)を自分がやっている」と強調するのもこうした背景がある。

スポンサードリンク
北朝鮮と米国の最高指導者が「談判」の必要性に共感を形成したが「本ゲーム」はこれからという指摘が多い。自分の財布からは最小限で出し、得られ収入を最大化しようとする激しい争いを予告しているためだ。
https://japanese.joins.com/

長文です。(1) (2) はこちら
トランプ大統領の思惑は、自国防衛であり、米国を核で狙うな!!の一言だろう。その見通しを立て、在韓米軍を縮小するだろう。核廃棄の約束を固め、あとは中国に振ると考える。リスクとして日本が背負う部分は多々あるが、軍備増大と在日米軍と縮小在韓米軍の二重で日本を守る。という事になる。中国においての包囲網は日米と言うよりは、日本が主導で包囲網は確立しつつある。また日本の情報で米国は動くだろう。 基本的に北朝鮮の信頼は薄いと言う部分をリスクとして、関連国はリスク回避の対応を実施している。韓国くらいだろう統一妄想で、ゆっくりしているのは…。

関連記事

[ 2019年01月20日 19:58 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp