韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本が音声データ公開へ、依然続く韓日の攻防

日本が音声データ公開へ、依然続く韓日の攻防

日本の哨戒機が韓国の駆逐艦にレーダーを照射されたと主張している問題で、日本政府は日本の哨戒機が探知したというレーダーの音声データを公開する方針を示したが、これに対し韓国国防部(省に相当)再び反発するなど、レーダー問題をめぐる韓日の攻防が続いている。

日本の各メディアは19日「日本政府が、先月20日に海上自衛隊所属のP1哨戒機がレーダーを受けた際の警告音を、韓国の駆逐艦によるレーダー照射の新たな証拠として週明けにも公開する方針を固めた」と報じた。これに対し韓国国防部は「日本が公開するという警告音が、韓国の駆逐艦の追跡レーダー(STIR)に照射された時点の警告音なのか確認できるものでなければならない」として「不正確な警告音を公開して威嚇されたと主張すれば国際社会に誤った認識を与えかねないため、日時、方位、周波数の特性など正確な情報を公開せよ」と反発した。

日本側が公開すると予想されるレーダー警告音は、哨戒機に搭載されたRWR(レーダー警報受信機)のものとみられる。RWRは航空機の機体の複数箇所に取り付けたセンサーで敵機や対空兵器のレーダー電波を探知し、警報音や警報ランプで知らせる装置だ。専門家は「RWRが誤作動するケースが度々あり、探索レーダーなのか、日本側の主張する追跡レーダーなのかの区別も難しく、限界がある」と指摘する。

スポンサードリンク
2019-01-21-k001.jpg

韓国軍艦が射撃レーダーを照射した時、韓国の海軍軍艦と海洋警察警備艇がほぼ同じ海域にいる。その近くに北朝鮮の漁船がいる。そしてその海域は、韓国の近海ではなく、日本の経済水域に深く入り込んだ海域となる。北朝鮮漁船、北朝鮮工作機関、北朝鮮政府、韓国政府、韓国国防省、韓国海軍、韓国海洋警察の連携がないと、3隻が海上の同一ポイントに集合することはできない。南北が密接に行動している。と考えれば、そこで何をしていたのか…。韓国メディアは救助した人材と遺体を北朝鮮側に渡したとしているが…。

関連記事

[ 2019年01月21日 08:53 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp