韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「シリコン帝国」、韓国経済には非常事態

「シリコン帝国」、韓国経済には非常事態

半導体景気急落に韓国経済は厳しさを増している。大統領も企業経営者らとの会合で懸念を表明した。今年に入り半導体輸出が昨年より30%以上落ちる見通しで懸念するのも無理はない。

しかし半導体景気はもともと振れ幅が大きいのでそれほど心配することではない。檀君以来歴代級の業績を上げた昨年はむしろ異常加熱だった。サムスン電子とSKハイニックスを合わせて総売上高が130兆ウォンに達したが、今年は70%水準にとどまる見通しだ。本当に心配すべきことは別にある。シリコンバレーに布陣した恐れを知らない企業たち、恐れを知らない青年たち、そして彼らを大事に育てるワシントン政府。世界を制覇しようとする意欲と熱気にあふれた帝国だ。名付けて「シリコンバレー帝国」。融合文明の革命基地であり帝国統治力を増強する加速エンジンだ。周辺部過客の足取りは重かった。

ハイウェイ101号線の左右に立ち並ぶ500社ほどの名門企業の閲兵式は文字通り壮観だ。世界の耳目は新文明の特殊旅団であるアマゾン、グーグル、マイクロソフト、アップル、テスラに集まる。インターネット商取引からクラウドビジネスに変身したアマゾンは売上高200兆ウォンを達成し、iPhoneの名家アップルは250兆ウォンをはるかに超えた。コンピュータシステムの強者シスコが繁栄中で、インテルとファーウェイが近くにいる。退社時間になればインド人、中国人、韓国人が白人らと混ざって道路にあふれる。日本企業もたまに見えるが製造業者であり、欧州企業は存在感がない。

スポンサードリンク
(中略) 半導体強国、最高の軍馬を育てる甲馬場の地位だけでも守るには何をすべきか明確だが、現実は絶望的だ。足取りが重くなるしかない。資金も力もない科学技術大学総長と理工大学長に構造調整は酒席の愚痴にすぎず、理工系教授は弟子の研究費確保に力を使い果たし、企業は階級章秩序に息が詰まる。そこに言葉だけ第4次産業革命を叫ぶ政府、それでも小さな村落のような板橋(パンギョ)バレーでもあるので幸いと言わねばならないのだろうか。
https://japanese.joins.com/

第四次産業革命は、ロボット工学、人工知能、ブロックチェーン、ナノテクノロジー、量子コンピュータ、生物工学、モノのインターネット、3Dプリンター、自動運転車などの多岐に渡る分野においての新興の技術革新が特徴である。第4次産業革命では、今後、あらゆる産業分野が、「デジタル化」「コンピュータ化」「ネットワーク化」「オートメーション化」され、AIを持つことで、これまでできなかったことができるようになり、これまで存在しなかった機器・サービスが出現し、多くの新しいビジネス・企業・雇用が創出され、あらゆる産業分野に大きな変革が起きると予想されている。

巨大市場の先行利得を目指して世界中の企業が熾烈なグローバル競争を展開しようとしている。そこでは、他業種からの参入や新しいビジネスモデルの出現など過去に例のない大きな変化が生まれている。グローバル競争に負ければ、破壊的ダメージを被る。自動車産業は、今後10〜20年、電気自動車(EV)化、AIの搭載、3次元プリンターの出現、所有からシェアリングへ、など、大きな構造変化に直面する。4次産業革命は、全ての国の全ての企業にとって大きく飛躍できる絶好の機会であるが、その反面、競争に負ければ一気に沈没する可能性もある。

関連記事

[ 2019年01月21日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp