韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  レーダー問題で防衛省が協議打ち切り 韓国国防部「深い遺憾」

レーダー問題で防衛省が協議打ち切り 韓国国防部「深い遺憾」

韓国国防部は21日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題で、防衛省が協議の打ち切りを発表したことについて、「深い遺憾」を表明した。国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官はこの日の会見で、日本側が根拠となる資料の提示なしに、レーダーの電波を音に変換したとする記録だけを公開したとした上で、「事実関係を検証するための2国間協議を打ち切ることに深い遺憾を表明する」と述べた。

また日本側が提示した記録について、「われわれが要求する探知の日時、方位、電波の特性などが全く確認することができず、実体が分からない機械音」と指摘。その上で、「われわれがこれまで強調してきた通り、正確な証拠を提示し両国の専門家を加え、科学的で客観的な検証を行うことに積極的に応じることを促す」と強調した。 崔報道官は「今回の事案の本質は人道主義的な救助活動中だったわが国の艦艇に対する日本哨戒機の低空威嚇飛行であり、これに対する再発防止と日本側の謝罪を再度求める」とする一方、「韓国政府は韓米連合防衛体制とともに韓日の安全保障協力の強化のための努力は今後も発展させていく」と述べた。

スポンサードリンク
防衛省はこの日、同問題に関する「最終見解」を発表。「これ以上実務者協議を継続しても真実の究明に至らない」として、韓国側との「協議継続は困難」と結論づけた。また、新たな証拠として哨戒機がレーダーを感知した際の音声も公表した。
http://www.chosunonline.com/

こんな国に技術指導したかと思うと情けない。もっとも指導した若者はカナダへと移り住んだが…。当時、韓国の歴史などは興味もしなかっただけに残念でならない。それにしても自国民の戦争経験者が生きている間は無理だろう。反日政策もネタとなる人材がいなくなれば、何をネタにするのか…。現状でも記事不足で、K-POPやスポーツニュースが社会面となるようでは、韓国メディアは如何に反日記事で過ごしてきたかがわかる。

話を記事に戻すと、火器管制レーダーを照射したにもかかわらず、崔報道官は「今回の事案の本質は人道主義的な救助活動中だったわが国の艦艇に対する日本哨戒機の低空威嚇飛行であり、これに対する再発防止と日本側の謝罪を再度求める」とする不思議な言葉である。救助中ならば、その旨を日本哨戒機に通信するべきだろう。日本海域をわがものに運航している様では困りごとだ。日本が火器管制レーダーを照射したら、気狂いと化すのではないか…。

関連記事

[ 2019年01月22日 08:51 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp