韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本が公開した接触音、韓国側の分析結果は「海軍レーダーではない」

日本が公開した接触音、韓国側の分析結果は「海軍レーダーではない」

日本が21日に自国の哨戒機を韓国がレーダーで照準したという証拠として提示したレーダー接触音が駆逐艦「広開土大王」が保有するレーダーの特性と異なるという軍事専門家の分析が出た。議論になった駆逐艦の射撃統制レーダーSTIR 180の固有パターンが、日本が公開した接触音に現れていないということだ。

21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ専門研究委員は22日、報告書「日本公開レーダー信号音分析結果」を通じて「該当の音響は韓国海軍の射撃統制レーダー稼働の根拠として提示するには不適切」とし「単に信号が持続的に繰り返されているという特性だけを示しているため」と主張した。リュ委員は日本防衛省が公開した長さ18.518秒の射撃統制レーダー信号音の波長を拡大して分析した。その結果、平均0.01秒(0.009~0.012秒範囲)間隔で類似のパターンのやや不規則な信号音が反復して聴取できた。

報告書はこのようなやり方で抽出されたパターンをSTIR 180の探知パターンと比較した。リュ委員は「STIR 180レーダーが特定のアンテナ(カセグレンタイプ)を使っている」とし「このアンテナを使用するレーダー特有の探知・追跡パターンを公開された信号音から捜し出そうとしたが確認が不可能だった」と説明した。繰り返される波形のパターンが不規則で識別可能な内容がなかったとのことだ。

スポンサードリンク
報告書はまた、日本が昨年12月28日に公開した映像に対しても問題点を発見したと明らかにした。該当映像から日本が信号を収集したと主張する2区間の間の空白が2分35秒に達していて、これら区間が10秒と8秒に過ぎないという点が、むしろ照準ではないという韓国側主張を裏付けているということだ。リュ委員は「追跡および射撃という意図的行為であれば2分以上の空白はありえない」と話した。
https://japanese.joins.com/

防衛省が19日に「哨戒機内で記録した警報音を公開する」との方針を発表するとした結果、「日本が公開する警報音は哨戒機に搭載されたレーダー警報受信機(RWR)の電波信号音とみられる」としつつ「韓国の軍関係者や専門家からは、レーダーの警報音だけでは具体的な情報を確認できないとの意見が出ている」と伝えている。軍関係者は「警報音だけでは駆逐艦の追跡レーダー(STIR)かどうか分からない」とし、「レーダーの警報音が鳴った時間と方位角、電波数の特性などを韓国の情報と照らし合わせる必要がある」と指摘したという。

今の韓国に何を提示しても無駄。日本の海域に入り込んでも上から目線で、ふてぶてしい態度では、話す必要はない。敵であるから、それ相当の対応で良いだろう。日々韓国は、本来の姿を明確にしている。

関連記事

[ 2019年01月22日 16:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp