韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  とんでもないトランプの「防衛費分担金増額」要求

とんでもないトランプの「防衛費分担金増額」要求

米国のトランプ大統領が来年から適用される韓国の防衛費分担金を現在の1.5~2倍に上げるよう求めていると、米国のウォールストリート・ジャーナルが報道した。今年1年韓国が駐韓米軍駐留のために負担した防衛費の分担金は9602億ウォンだ。報道内容のとおりならば、韓国に限って1兆4400億~1兆9200億ウォン(約1400億~1900億円)水準に上げろと要求しているわけだ。あまりにも行き過ぎた要求である。

韓米は2014年1月の第9次防衛費分担金交渉で、前年より5.8%増額して金額に合意した。それなのに駐韓米軍の駐留費を5年ぶりに突然50~100%も増やさねばならない理由はない。むしろ龍山基地の平沢移転が計画通り2020年に完了すれば、追加の軍事建設費用は減る可能性が高い。また、今年になって北朝鮮の軍事的挑発が大きく減少し、駐韓米軍が緊急状況を想定した軍事運用をする可能性も減っている。駐留費用が増えるより減る要因がさらに多いのが現実だ。政府は米国を相手にこのような点を積極的に説明して、合理的な水準の折衷点を求めなければならない。

スポンサードリンク
韓国が今まで負担してきた防衛費分担金も実際少なくはない。米国は韓国の分担金が駐韓米軍駐留費の約50%になると評価しているが、韓国内の市民団体は韓国が防衛費分担金以外に土地や施設、各種手数料の減免や税制恩恵を追加提供しているので、実際には65%以上を負担しているという分析を示している。日本の駐日米軍支援と比較しても、決して少なくない金額だ。韓国の国防研究院が5月発表した資料によると、韓国の分担金は日本より総額では少ないものの、米軍の1人当り支援額や国内総生産(GDP)比の支援額で見れば1.5~2.6倍も多い。
http://japan.hani.co.kr/

2013-12-17-wa1.jpg

現在、韓国は1年に9602億ウォン(約931億円)を分担している。だが、トランプ大統領は、12億ドルを要求しているという。当然だろう。基本は全額負担であるから、韓国は応じなければ、在韓米軍は撤退するというトランプの意思表示だ。ちなみに日本は公式上では2000億円前後支払っている、実際にかかっている費用はこんなレベルではない。日本も在日米軍の分担金には頭を悩ませる。

関連記事

[ 2019年01月23日 17:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
米国流マッチポンプ
防衛費負担交渉と、第二回米朝会談の平行進行、
米国が仕掛ける、防衛ビジネスのようで、
北が核廃棄に応じないなら、韓国の脅威は下がらない、
だから米韓同盟という米国の論理だろう、
文在寅は本音が問われる、いったいどっちなんだと、
[ 2019/01/23 18:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp