韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本の挑発に対する国防部の対応行動守則とは

日本の挑発に対する国防部の対応行動守則とは

国防部が23日、日本の哨戒機の超低高度接近脅威飛行と関連し、「再びこうした行為が繰り返された場合、韓国軍の対応行動守則に従って強力に対応する」と明らかにしたことで、対応行動守則の具体的な内容に関心が集まっている。対応行動守則とは、海上で他国の艦艇と哨戒機の脅威を受けた際、韓国軍が取るべき自衛レベルの“対応マニュアル”を指す。

これまで韓国軍は、2014年に21カ国が合意した「洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準」(CUES)を準用してきた。この規範は海上で艦艇と航空機が遭遇した場合、偶発的衝突につながる敵対的な行動を防止するために作られた。艦艇と航空機の無線通信方法をはじめ、互いに守らなければならない事項などが含まれている。

しかし、日本の哨戒機の度重なる威嚇飛行によって、このような規範が遵守される状況だけを想定するのは難しくなった。このため、軍は艦艇のすべての探知装備と兵器体系を活用する方向で、新しい対応行動守則を設けたという。警告通信に続き、火器管制レーダー(STIR-180)を稼働し、最悪の場合は兵器システムも動員するという内容が盛り込まれたものと見られる。

スポンサードリンク
火器管制レーダーを稼動することは敵対的行為に当たるため、国際協約によって平時においては禁止されている。軍の対応行動守則にこの部分が入っているとしても、実際の稼動は極めて制限的な状況で行われるほかない。警告射撃など兵器体系を動員した対応は、さらに最悪の状況で実行される。緊迫した状況を前提にするため、艦長の判断に委ねられる。指揮部へも事後報告も可能だ。
http://japan.hani.co.kr/

国防省は「韓国艦艇から約540メートル離れた上空を哨戒機が高度約60~70メートルで接近威嚇飛行した。明白な挑発行為だ」と主張。また、昨年12月20日に起きた韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題以降、「韓国の忍耐し節制した対応にもかかわらず、日本は今月18、22日にも韓国艦艇に低空威嚇飛行をした」と強調した。さらに、「友好国への挑発行為で、日本の下心を疑わざるを得ない」とし「再発した場合、韓国軍の対応規則に従い、強力に対応する」と警告した。

韓国軍の異常さは加速するばかりとなる。日本が恐ろしくなければ、次は攻撃してくるのだろうか…。弱い奴ほど良く吠えるわけで、日本は貿易制裁で強烈に踏み込むことである。

関連記事

[ 2019年01月24日 08:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
嘘の上塗りを繰り返し引っ込みが就かなくなった
韓国の軍艦が日本の哨戒機にレーダーを照射した事で国際的にマズイ事に成ったので必死に嘘を重ね、日本の哨戒機が韓国の軍艦に威嚇飛行を繰り返している事にしたいらしい。
決定的に日本の敵になったね。
実際に韓国の軍艦を爆破した北朝鮮には報復が怖くて何も出来なかった癖に。
馬鹿ですか?
[ 2019/01/24 09:14 ] [ 編集 ]
軍に人物がいないようです
 文在寅氏は、実に恐ろしい人物です。自分の考えが通らないと、関係者を簡単に処分してしまいます。良識ある彼の国の国民は、文在寅氏の恐ろしさに気付いているようです。当然、軍は、もっと敏感でしょう。
 と言うことは、軍に日本と合理的な話が出来る人物がいないということでしょう。
 日本は、彼の国の徴発に乗せられることなく、国際ルール・国内ルールに則り粛々と対応するしかないと思います。
 彼の国とは、徐々に距離を離すことです。
[ 2019/01/24 09:45 ] [ 編集 ]
瀬取りに協力だから
自衛隊機が探索飛行するのは、韓国船が北朝鮮の
瀬取りに協力しているから。
韓国は、北朝鮮支援という航行理由をおいておいて、
話を飛ばすからおかしくなる。
やっぱ、陰で禁止行為をやっているという、後ろめたさが
あるから、過激に反応がでるのだろう。

文在寅は二重ポーズをやめて、表立って北支援をいえば
すっきりするのだが。
[ 2019/01/24 10:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp