韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  レーダー事件、最大の問題は韓国の「事実を事実として認めない姿勢」

レーダー事件、最大の問題は韓国の「事実を事実として認めない姿勢」

韓国の与党「共に民主党」の議員であり、韓国国会の国防委員長を務める安圭伯(アン・キュベク)氏が、レーダー照射問題について論じながら、次のような声明を発表した。「安倍晋三首相が前面に出て、(日韓問題の)葛藤を助長している」「内部の葛藤を外部に向けるため、壬辰倭乱(=文禄・慶長の役。1592~93年)を起こした豊臣秀吉と重なってみえる」

安倍首相が日韓関係を悪化させた張本人であり、その意図は、内政での失敗を外部の問題へと転嫁しようとするところにあり、それは豊臣秀吉を彷彿(ほうふつ)させるというのだ。笑止千万というより他ない。 そもそも、今回のレーダー照射事件による日韓関係の緊張の高まりを、安倍首相個人に帰することには無理がある。まるで「韓国が一方的な被害者であり、日本こそが悪意のある加害者である」との論理は通用しないはずだ。事実を事実として認めようとしない韓国側の姿勢こそが、最大の問題に他ならない。

あきれるというか、滑稽なのは、「内部の葛藤を外部に向ける」との主張だ。これはまさに韓国が実践していることではないか。 国内で求心力が維持できなくなると「反日」政策を打ち出し、何とか国内での求心力を維持しようとするのが歴代の韓国政権の特徴ではなかっただろうか。自分たちが隙あらば「内部の葛藤を外部に向ける」ことを目的としているからこそ、このような主張に至るのだろう。

スポンサードリンク
だが、日本は韓国とは異なっており、そうした論理によって動いていない。安氏の発言は、韓国政府の内在的論理を吐露したものと捉えるのが賢明だろう。
http://www.zakzak.co.jp/

レーダー照射問題は、解決するほどに次の問題として、そこで何をしているのかと言う議題に入る。何とも韓国にとっては嫌な問題となる。北朝鮮に制裁緩和処置となる物資の供給や、フッ化水素を渡し、北朝鮮の核開発へ協力した経緯もあるわけで、この時点で韓国を信用する国はない。今の段階では日本を敵視した行為となるわけで、敵国となる。ましてレーダー照射はミサイルを打つ前段階の行為であるから、許しがたい。

敵視しているとはいえ、その場で間違えたと謝罪すれば済むことである。それをしないで、レーダー照射したしないとかの言動を繰り返し、挙句に日本の軍機が異常接近してきた話にすり替えている。ここまで論外な行動を実施できること自体、既に普通ではない。日本の海上自衛隊軍備は、韓国など問題ではないだけに、日本が軍事力で優るほどに韓国は怯えている。

関連記事

[ 2019年01月26日 09:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
韓国はがんばる
韓国の国連制裁決議違反はもうバレバレで、
どこの国も知っていること、

韓国が軍の失敗を認めたくないのは何故か、
いま、対日関係の韓国優位を強調したい相手は
どこかというと、北朝鮮だろう。

日本が補償は解決済みという枠組みを消したい、
対日交渉失敗のまま南北協議にいきたくない、
さらに、
米朝交渉にはなんとしても割り込んで入りたい、
北がこのぶざまな韓国を友軍にいれるだろうか、
ただの使い走りで終りじゃないのか、

次の米朝会談で何が出るのか注目、
[ 2019/01/26 16:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp