韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  人口減少で隊員不足になる自衛隊、今後は女性の入隊が増える

人口減少で隊員不足になる自衛隊、今後は女性の入隊が増える

2019年1月25日、参考消息は米メディアの報道を引用し、自衛隊では今後、女性隊員が増えると伝えた。 記事は、米CNNの報道を引用し、「自衛隊は新たな部隊を増設し、艦艇や戦闘機を増やして脅威に対応しているが、日本国内の『人口減少』という問題にも直面している」と紹介。2065年には日本の人口が8800万人に減少することが予想されており、「自衛隊では新隊員が減少するという潜在的な危機に対応するため、募集する年齢範囲を広げ、女性隊員を多く採用する」と伝えた。

報道によると、現在、自衛隊員のうち女性の占める割合は6.1%だという。記事は、「オーストラリアでは女性兵士の割合が16.5%、英国では12.2%、米国は16%であり、日本は2030年までに女性隊員の割合を9%にまで増やしたいとしている」と伝えた。 その上で、「日本の女性はこれまで、家事やオフィスワークを担当させられることが多かった。しかし、2013年に安倍晋三首相が『ウーマノミクス』と呼ばれる政策を打ち出し、働く女性に権威を与えた」と記事は紹介。この政策は自衛隊にも影響を与え、防衛省は女性隊員が働きやすい環境を整備する計画を作成し、託児所などを設立したと伝えた。

スポンサードリンク
公開されている資料によると、現在では陸上自衛隊でのみ、女性に対して一部の制限があり、危険物や毒物に接触する恐れのある部署は今でも女性を受け入れていないという。しかし、2018年に防衛省は、潜水艦乗員にも女性自衛官を起用することを決定している。 こうした流れの中で、女性隊員もより重要な責任を担うようになっていると記事は指摘。昨年3月には、海上自衛隊の東良子1等海佐が女性初の護衛隊司令となったことや、同年には松島美沙2等空尉が女性初のF15戦闘機パイロットとなったことを紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

自衛官の採用数は2017年度に4年連続で計画を下回り、防衛省は今年10月から、募集対象者の年齢上限を26歳から32歳に引き上げる。女性の活用も推進し若い男性自衛官の不足を補おうとしているが、このまま採用難が続けば、今後の自衛隊の海外活動や海上の安全保障を守る活動にも制約要因となり得る。日本を取り巻く情勢を考えると、だんだん平和になっていくわけではないから、非常に深刻と言える。より少ない人数で、今まで以上の業務をこなす必要がある。簡単な解決策はない。

自衛隊の定員24万7154人(2017年3月31日現在)に対し現員は22万4422人で、充足率は90.8%。内訳では幹部自衛官の方が充足率が高く、「士」と呼ばれる一番下の階級では73.7%にとどまっている。

関連記事

[ 2019年01月27日 08:19 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp