韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国元首相「文在寅政権は自由市場経済を壊し国民相手に政策実験」

韓国元首相「文在寅政権は自由市場経済を壊し国民相手に政策実験」

自由韓国党の党代表選出馬を宣言した黄教安(ファン・ギョアン)元首相が26日、文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済政策を取り上げ「自由市場経済を壊している」と批判した。

黄元首相はこの日自身のフェイスブックに上げた「庶民経済の崩壊、直接見ました」という題名の書き込みで「(文在寅政権が)経済を生かす政策ではなく経済を殺す政策を国民を相手に実験している」としてこのように主張した。

続けて「きのう地方党員に会うため蔚山(ウルサン)を訪問する途中であるコーヒーショップに寄ってみたら、全従業員10人を5人に減らしたという。最低賃金の過度な引き上げにより中小企業や自営業者が直撃弾を受けている」と指摘した。

彼は「蔚山は全国の広域自治体のうち所得水準が最も高かったのに、中小企業の工場稼動率は50%水準で失業が増えるなど経済と雇用がますます沈んでいるそうだ。活力を失った姿を見て『悪い経済政策』が庶民からあまりにも厳しくさせるのを実感した」と書いた。

スポンサードリンク
その上で黄元首相は「いまからでも誤った政策基調を捨てなければならない。自由で活気にあふれる自由市場経済をすぐに立て直さなければならない。働く企業にやる気を与え経済を生かせるように、楽しく走れるようにすれば良い」と強調した。
http://news.livedoor.com/

何かと日本を真似た政治システムが多い韓国ではあるが、自国通貨は弱く、貿易依存の国であり、経済低迷時に何を実施すべきかは、税金投入だけでしかない。事あるごとに理屈だけで動き、数値を並べる。実態とかけ離れた韓国政府の動きは、企業が成長戦略しやすい環境つくりとはほど遠い。また企業の経営も財閥経営者であるから、金のあるうちはヘッドハンティングと、買収でしのいでも、教育訓練もなく、企業システムは外部委託であるから、企業技術力を含めた様々なノウハウが残らない致命的欠陥があるのも事実。大手企業は外資系企業であるから結果が優先されるが、企業ノウハウとして必要な教育訓練と、ノウハウ或いは社員の質等々、日本企業のような様々な手法を駆使した動きとは大きく異なる。

さらに言えば、不正大国であるから、信用度が自国内で欠ける一方、事あるごとに日本と比較するというのも、レベルが低い国の特徴だろうか。自国独自で云々と言う部分に大きくかける。

関連記事

[ 2019年01月28日 08:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp