韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「世界国防費支出トップ10」で断トツ1位は米国…韓国と日本は?

「世界国防費支出トップ10」で断トツ1位は米国…韓国と日本は?

韓国が2017年392億ドル(約4兆円)を支出し、世界国防費支出上位10位を記録したことが分かった。 韓国国防技術品質院が配布した「2018世界防衛産業市場年鑑」によると、韓国は2017年国防費で392億ドルを支出して世界国防費支出上位10位に入った。米国が6110億ドルの支出で1位を守り、中国が2280億ドルで2位を占めた。

昨年4位だったサウジアラビア(694億ドル)がロシア(663億ドル)を僅差で追い抜き3位に浮上した。5位インド(639億ドル)と6位フランス(578億ドル)が前年度とは違って順位が入れ替わり、7位は英国(472億ドル)がランクインした。最近、韓国と軍事的葛藤が生じていた日本は454億ドル(約51兆ウォン)を支出して8位に位置した。9位はドイツ(443億ドル)だ。

また、最近10年間、国防費支出増加率は中国が110%、インドが45%、ロシアが36%で最も大きく上昇し、世界最大の武器輸出国である米国の2008~2017年武器輸出現況資料によると、米国がこの期間に最も多くの武器を販売したのはサウジアラビア(106億3900万ドル)で、ついでオーストラリア(72億7900万ドル)、韓国(67億3100万ドル)、アラブ首長国連邦(67億600万ドル)の順となっている。

スポンサードリンク
一方、2013~2017年世界上位25カ国の在来式武器輸出国現況で、韓国は2008~2012年0.8%に比べ65%増となる1.2%の占有率を記録して12位を記録した。同じ期間、韓国の主要武器輸出国はインドネシア(26%)、イラク(24%)、フィリピン(11%)であることが分かった。
https://japanese.joins.com/

国防費とは、狭義には陸海空軍の経費として予算に計上されるものをいう,広義には対外軍事援助から軍事的に役立つ道路、鉄道、湾の建設、科学的研究開発など国防に寄与する経費で、軍隊や時には準軍事組織を含む国や地方単位での人件費、安全保障に関わる兵器など資材の調達・維持経費、それらを使って訓練や実際の作戦を行う経費、軍事政策や軍事作戦に関する各種の費用の総計となる。

北大西洋条約機構(NATO)は、2024年までに加盟国の国防費支出を国内総生産(GDP)比2%以上とする目標を掲げている。日本はこれまで軍事大国化の歯止めとして「防衛費を国民総生産(GNP)の1%以内とする」ことが暗黙の天井として機能してきた。トップ10諸国の中では、日本だけが、対GDP比1%を下回っている。

関連記事

[ 2019年01月28日 09:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
韓国等は軍人の人件費はタダ同然
軍事費を比較する場合に韓国の様に人件費を月2万円位とタダ同然の国と日米の様に真面に給与を払っている国では単純比較出来ない。
韓国も軍人に真面に給与を支払えば後2~3兆円多く掛かる。
[ 2019/01/28 11:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp