韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  苦痛分担に同意した韓国GM労組、また政府に手を出す?

苦痛分担に同意した韓国GM労組、また政府に手を出す?

全国民主労働組合総連盟(民主労総)金属労働組合韓国GM支部(韓国GM労組)が無給休職中の群山(クンサン)工場勤労者の生計費を政府からもう一度受領する計画を進めている。政府は昨年、約45億ウォン(約4億5000万円)の生計費を支給している。 韓国GM労組は22日、臨時代議員大会を開き、労働組合の闘争方式を転換する案件を処理した。今まで韓国GM労組は使用者側が推進してきた研究開発(R&D)法人(ゼネラルモーターズテックコリア)設立に反対する闘争を展開した。

しかし韓国GM労組はこの日、法人分離反対の代わりに新設法人労働組合員の団体協約締結を要求することにした。さらに「群山工場無給休職者対策の準備を要求する」という特別要求案件も処理した。 韓国GM群山工場の無給休職者はすでに一度、政府支援金を受けている。雇用維持支援金制度に基づき昨年「無給休業休職勤労者支援金」を受領した。これは無給で休職中の勤労者に政府が6万ウォン以下の日当を最大6カ月間支給する制度。 韓国GM群山工場の無給休職者は昨年6月から11月まで1人あたり毎月180万ウォンずつ支援金を受けた。

スポンサードリンク
昨年5月末に群山工場残留人員(612人)のうち200人を転換配置したと仮定する場合、政府が昨年支給した生計費は45億ウォン前後と推定される。 無給休業休職勤労者支援金は勤労者1人あたり180日まで受けることができる。昨年支援金を受けた勤労者は同じ名目で追加支援金を受けることができない。このため韓国GM労組は雇用維持支援金制度上の「休職支援金」の受領を推進することにした。
https://japanese.joins.com/

中央日報は、昨年「無給休職者」という理由で政府支援金を受けた人が今年は身分を「有給休職者」に変えてもう一度支援金を受ける戦略と掲載している。韓国では一度甘い汁を吸わせると、何度でも同じことをするわけで、そういう能力を仕事に生かしていれ、もっと良い仕事をしていただろうと思うが…。

韓国GMというより、そもそもGMは企業再建にあたり、韓国GMを優先的に考えている状態ではないわけで、近いうちに撤退するだろう。その前に重要国にあるGM工場と組織を改革整理してからとなる。韓国GMは後回しでも良いという事だろう。何かとうるさい韓国であるから、面倒なところを後に回したともいえるが…。

関連記事

[ 2019年01月29日 18:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp