韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日韓の終わらない口論に米メディア嘆き

日韓の終わらない口論に米メディア嘆き

2019年1月30日、観察者網は、レーダー照射問題と元徴用工への賠償問題による日本と韓国の対立がエスカレートしていることについて、米メディアが「米国のリーダシップが低下していることの表れ」と評したことを報じた。

記事は「昨年12月20日、海上自衛隊のP1哨戒機が能登半島外側の日本海を飛行中、救援活動中だった韓国海軍の駆逐艦クァンゲトデワンと遭遇した。日本の防衛省は同駆逐艦が火器管制レーダー照射を行ったと主張する一方、韓国側はこれを否定するとともに、日本の哨戒機が上空150メートルの低空飛行をするなど救援活動の邪魔をしたと非難した」と紹介した。

そして、「昨年末の韓国裁判所による日本企業に対する元徴用工への賠償命令判決に続くレーダー問題発生により、両国の対立はエスカレートの一方をたどった」と説明。今月15日に韓国政府が発表した国防白書で「日韓で共同の価値観を持つ」という従来の表記を削除したことが明らかになった一方、21日には日本側がレーダー照射問題での韓国との協議打ち切りを宣言したことを紹介している。

スポンサードリンク
また、23日には「日本の哨戒機が離於島(イオド、中国名は蘇岩礁)付近で韓国軍艦に対して低空飛行による威嚇を行った」として、韓国国防部が日本大使館の防衛駐在官を呼んで抗議を行ったことを挙げ、「双方の舌戦はエスカレートしており、対立が長期化の様相を呈した」とした。一方、両国が対立する中で、双方の同盟国である米国は「奇妙なほど静か」であると指摘。「両国の対立を調停する格好の場だったはずのダボスフォーラムを欠席したほか、政府高官が深く介入しない態度を示した」と伝えた。。
https://www.recordchina.co.jp/

米国傘下の韓国であるから、本来米国の指導は不可欠。野放しにしたツケでもある。もっとも米国傘下の国の指導すら実施できないレベルというのも問題と言える。とはいえ反日韓国で戦争経験者が生きている間は特に無理がある。自国政府は自国民の特に高齢者よりであるから、なおさらだろう。若者が自国を離れる理由の一つでもある。

だが条約は違う。条約を守らない国ではお話にならない。挙句にレーダー照射においても、敵国の動きであるから手に負えない。そんな国が北と統一など論外だろう。

関連記事

[ 2019年02月01日 08:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
中国を頼れと
中国メディア「観察網」の悲観的観測、
朝鮮半島問題の調整は中国に押し付けられそうだ。
北は中国を頼って、関係修復に来るし、韓国が
米軍の費用を払うのか、米国は様子見。

米国は米韓同盟の価値を値踏みしている最中だろう。
根底にあるのは、米国から見て韓国が収奪地域の
価値を低下させていること。
[ 2019/02/01 11:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp