韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップル携帯電話の中国販売量が急減、減少幅27%に

アップル携帯電話の中国販売量が急減、減少幅27%に

米アップル社が29日に発表した同社の2019年度第1四半期(2018年度第4四半期に相当)の決算によると、携帯電話製品の中国における販売量が急速に減少したため、同期の携帯売上高は前年同期比15%減と大幅に減少した。新華社が伝えた。

同決算によると、同期の携帯売上高は約520億ドルで、中国、日本、欧州の各市場では軒並み減少傾向をみせた。特に中国市場での減少ぶりが最も目を引き、前年同期比の減少幅は27%に達したという。

また同決算によると、同期のアップルの営業収入は843億ドルで同約5%減少し、利益はやや減少して200億ドルになった。同期は伝統的にショッピングシーズンにあたり、これまではずっとアップルにとって最も収入が生まれる四半期だった。

その一方で、同期のサービス事業の営業収入は109億ドルに達し、同19%増と大幅に増加、初めて100億ドルの大台を突破した。アップルの事業ラインの中で、サービス事業は携帯事業に次ぐ2番目の収入源になった。

スポンサードリンク
今月初め、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は19年度第1四半期の業績予想を大幅に引き下げると発表し、アップル株価の大暴落を招いた。だが今回発表された決算をみると、営業収入と利益が減少したとはいえ、市場の予想よりは好調だったため、アップル株価は時間外取引で6%の大幅上昇となった。
https://www.recordchina.co.jp/

18年のアップル携帯電話の中国総出荷量は3420万台で、17年の3670万台より22%減少した。18年第4四半期は1090万台で、前年同期の1400万台より22%減少し、アップルの中国での第四半期業績としては17年初頭以降で最低となった。iPhoneの市場シェアも前年同期の11.5%から10.1%に低下した。一方でアップル携帯電話の市場シェアの順位は上昇し、同期には小米を抜き、小幅に上昇して4位になり、前年の8%から8.4%に上昇した。

iPhoneの価格高騰し、中国市場から閉め出される可能性のある危険水域に追いやられているとの見方だ。値下げと中国が春節(旧正月、今年は2月5日)を迎えることから、今後iPhoneXRの売れ行きは好調となるとの見方もある。今年3月には集荷量が落ち着く可能性がある一方で、スマートフォン需要の悪化にともない、今年第2四半期と2019年全体の出荷量は予想を下回るのではないか…。

関連記事

[ 2019年02月02日 08:35 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp