韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  停滞する米中の自動車市場、勝った会社・負けた会社

停滞する米中の自動車市場、勝った会社・負けた会社

米国、中国の自動車2大市場に停滞感が出てきた。2018年の新車販売実績は世界2位の米国は前年比横ばいに留まり、1位の中国は28年ぶりの前年割れとなった。両市場で日系メーカーの中でも明暗が分かれた。19年に両市場が大崩れするとの見方は少ないが、米中貿易摩擦など懸念材料は残り、先行きは不透明だ。

マークラインズの推計によると、米国の18年の新車市場は前年比0・3%増の1727万4250台だった。減税効果で消費が刺激される環境下だったが、前年比横ばいに留まり市場の成熟化を印象付けた。 日系メーカーでは商品展開でスポーツ多目的車(SUV)の比重が高いマツダ、三菱自動車、SUBARU(スバル)が前年比プラスとなったが、トヨタ自動車は横ばい、日産自動車、ホンダはマイナスだった。ホンダはメキシコの洪水で商品供給が滞ったことが響いた。

19年の新車市場は1700万台弱と見込む自動車メーカーが多い。一方、ゴールドマン・サックス証券は、19年は1640万台と見込む。金利上昇で車両の実質的な販売価格が上がり、新車需要に水を差すとみる。同社の湯沢康太マネージング・ディレクターは「収益性向上が自動車メーカーの重要な経営テーマになる」と指摘する。

スポンサードリンク
中国新車販売で日系メーカーではトヨタ、日産、三菱自は前年比プラスとなり過去最高を更新した。トヨタは高級ブランド「レクサス」も好調で2ケタ増と成長した。一方、ホンダ、マツダ、スバルは前年割れだった。ホンダは主力SUV「CR―V」が不具合で一時販売停止になったことが響いた。
http://news.livedoor.com/

ブランド別ではやはり米自動車大手の販売の落ち込みが目立つ。単月の販売台数を公表していない米ゼネラルモーターズ(GM)の7~9月の販売台数は14.9%減と低迷し、米フォード・モーターの9月の販売台数は42.8%減と大幅なマイナスだ。米中貿易戦争の影響などで顧客の米ブランド車を敬遠する動きが広がっている。米国ブランド車の失速は顕著だ。が、一方でGMと中国販売1位を競う独フォルクスワーゲン(VW)も10.5%減と落ち込んだ。

米トランプ政権との貿易戦争と言われる摩擦が激化する過程で、米国への対抗処置として中国は7月から輸入車への関税を大きく変えたことによる結果と言える。中国は輸入乗用車への関税を25%から15%に引き下げた。しかし一方で、米国からの輸入車だけは40%に引き上げている。今回の米中貿易戦争で早期に中国自動車市場が停滞する可能性が出てきた。このまま保護主義を推し進めると、成長を前提としてきた世界の自動車産業は、早期に不透明な時代に入る。

関連記事

[ 2019年02月02日 18:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp