韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本企業の対中投資が増加、その原因は?

日本企業の対中投資が増加、その原因は?

中国経済の急速な発展や市場のさらなる開放にともない、日本企業の対中投資意欲が一層の高まりをみせている。中国日本商会と日本貿易振興機構(ジェトロ)がこのほど発表したところによると、日本企業の対中投資は2017年に連続減少の流れを転換させ、18年は再び力強さをみせて中国市場開拓の取り組みが強化されるとともに、「一帯一路」(the Belt and Road)関連政策に高い関心が集まり、関連プロジェクトへの投資も増加したという。経済日報が伝えた。

ジェトロがまとめた最新の統計によると、18年上半期に対中投資が最も多かった日本の産業は自動車、機械、医薬品などで、投資件数でみると新エネルギー自動車分野が最も多かった。 では、日本企業の対中投資の拡大を促進した原因は何だろうか。

(1)日本企業の中国での営業利益が増加したこと。ジェトロが18年に対中投資を行った企業を対象に調査を行った結果、42%が「営業利益が増加した」と答え、35.3%「営業利益は17年と横ばい」と答えた。この割合をみると、中国で営業活動をする日本企業の大部分が経営状態は好調だということがわかる。安定した利益により、多くの日本企業は対中投資をさらに拡大したいと考えている。

スポンサードリンク
(2)中国のビジネス環境がより改善されたこと。中国政府は開放拡大の方針を堅持し、外資系企業の投資に関する政策を打ち出し、日本企業に政策面での強い支援を与え、投資への信頼感をもたらしてきた。現在、外資系企業が参入できる投資分野はますます増加し、関連政策は緩和が進んでいる。こうした流れが対中投資をしてみたい、対中投資を引き続き拡大したいと考える日本企業にとって、非常に大きな誘致力を発揮している。
(略)
https://www.recordchina.co.jp/

中日の貿易額がこれほどの規模になっているにも関わらず、日本の対中直接投資が比較的少ないのはなぜだろうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)の統計データによると、中国は2002年より16年連続で日本にとって最大の輸入先となっている。中国は2007年より11年連続で日本にとって最大の貿易相手国になっている。中国商務部の「中国外資統計」(2017年版)のデータによると、日本の1978年の対中直接投資額は2億2000万ドルで、外資全体の対中投資実行額の9.5%を占めた。25年後の2012年は過去最高の73億5000万ドルに達したが、2017年には約32億7000万ドルに減少し、全体に占める比率も2.3%に低下した。2017年の中日貿易額は3000億ドル弱だった。中国製造業の人件費は2000年の時給0.71ドルから2013年の3.98ドルに増加し、13年で約5.6倍になっている事が背景にある。

一方で日本の自動車産業にとって18年の対中投資は増加した。撤退する企業とより投資を高める企業の二分に分かれるが、中国市場活性化に日本は動き出している。日中首脳会談でさらに加速するだろう。

関連記事

[ 2019年02月03日 09:02 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp