韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本で「前代未聞」の事態…春節に安倍首相がビデオメッセージ

日本で「前代未聞」の事態…春節に安倍首相がビデオメッセージ

中国メディアの参考消息は2019年2月1日付で、春節(旧正月、2019年は2月5日)を迎えるに当たり、日本では安倍晋三首相が中国向けにビデオメッセージを発表したり、東京タワーが「中国色」にライトアップされるなど、これまでにない動きが生じていると紹介した。記事は最後の部分で、米トランプ政権の経済政策を「一国主義」と暗に批判し、そのような状況があるからこそ、中日両国の協力は良い結果を生むと強調した。

記事は、日本での報道も引用しながら、安倍首相が春節当日の2月5日、中国国内の中国人向けにビデオメッセージの形式で「新年のあいさつ」をすると紹介。2018年の春節にも、日本で発行される華字紙で安倍首相の「新年のあいさつ」が掲載されたたが、中国本国にいる中国人に向けてのビデオメッセージはこれまでなかったという。なお記事によると、2月1日時点で安倍首相のビデオメッセージは日中双方が最終調整中という。

スポンサードリンク
記事は、安倍首相は1月28日に衆参両院本会議で行った施政方針演説で「中国との関係を新たな段階に引き上げていきたい」と述べたことにも注目。日本のメディアも、中国の習近平国家主席が、日本で今年開催されるG20サミット(6月28、29日の大坂G20サミット)に出席することもあり、「日中両国政府がともに両国関係の状態を重視」と論じたと紹介し、安倍首相のビデオメッセージには、日中両国関係を進展させるための試みとの見方が出ていると論じた。
https://www.recordchina.co.jp/

日中両政府は、安倍首相が中国の旧正月にあたる「春節」を祝うビデオメッセージを、中国側に送る方向で調整を進めている。安倍氏は昨年2月の戌年の春節に、日本の中国語メディア『中文導報』に祝賀文を寄港し、在日華僑・華人に新春を祝い新年の挨拶をした。今回のような中国国内に直接ビデオメッセージを送るのは初の試みとなる。中国側の首脳は今年、日本で開催されるG20サミットに出席し、これを契機とし「中日両国の二国間関係重視の姿勢」を示すとみられる。安倍氏は昨年10月に7年ぶりに訪中し、中日間で経済・貿易の多くの協定が結ばれ、安全などの分野にも進展があった。安倍氏は「中日平和友好条約」の「不惑の年」に訪中したことで、中日両国の経済協力を推進し、両国の信頼を促進し、中日関係の前向きな発展を促した。

関連記事

[ 2019年02月03日 09:12 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp