韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  テスラの上海新工場、初期の目標は週3000台生産

テスラの上海新工場、初期の目標は週3000台生産

米電気自動車(EV)大手のテスラは北京時間の1月31日に2018年第4四半期決算を発表した。それによると、同期の収入は72億3000万ドル、総利益は1億3950万ドルだった。テスラにとって、10年の上場以降で黒字になった4回目の四半期であり、また初めての2四半期連続での黒字達成となった。北京日報が伝えた。

テスラは、19年にEV36万~40万台を引き渡し、台数は18年比約45~65%増加し、このうち「Model 3」の年間生産量が前年より大幅に増加すると見込む。今年1月には上海の新工場・ギガファクトリーの建設が始まり、その生産ラインで年内に「Model 3」の生産を開始する予定だ。同工場生産ラインの単位生産能力あたりの資本支出は米国工場の「Model 3」生産ラインの半分にも満たない。またテスラは今年、「Model Y」のテスト生産を開始する予定で、20年までに量産を実現したいとしている。

ギガファクトリーは初期の計画として、「Model 3」を毎週3000台生産し、いずれは1万台に引き上げることを目標に掲げる。19年第4四半期から20年第2四半期までの「Model 3」生産量は50万台を超える見込みだ。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
上海浦東空港の南40キロメートルに位置する臨港工業区の中には、東京ディズニーランドの1.6倍に相当する広大な敷地(86万平方メートル)がある。2019年1月7日、電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスクCEOが、ここで壮大な工場着工式を行った。「ギガファクトリー3」と名付けられたEV工場の着工式だ。中国における外資独資の自動車工場の第1号案件となったギガファクトリー3は、最大生産能力50万台を誇る巨大工場になる予定だ。今年末から一般市場を対象とした安価な「モデル3」と、低価格SUVの「モデルY」の生産を開始する。

中国の市場変化を敏感にかぎ取り、早々に行動を起こしたのがテスラだった。同社は高級セダン「モデルS」の輸入車販売を14年から開始。すでに中国全土に急速充電設備を1100台超、体験センターおよびサービスセンターを62店舗設置している。一方で、テスラは販売台数の80%を富裕層の多い上海、北京、深セン、杭州、広州の5大都市で売り上げており、中間層以下への拡販が進んでいない。イーロン・マスクCEOは中国での現地生産に向け、17年4月に中国の汪洋副総理と北京で会談。以降は上海市政府と交渉を進めてきた。テスラの米国のギガファクトリーでLIBを生産するパナソニックが、ギガファクトリー3でも生産するのではないかとの観測があるが、今後の成り行きは不透明だ。

自動車向けLIBを生産するために必要な投下資金は巨額であり、回収期間も長いからだ。その上、正極材、負極材、電解液、セパレーターなど、LIBの主要部材の安定的な現地調達にも工夫を要する。投資総額が約70億ドルにも上ると推測されるギガファクトリー3のLIB需要は膨大であり、パナソニック1社で賄い切れるような量では到底ない。そのため、テスラは18年11月、中国で必要なLIBを複数メーカーから調達する意向を示している。中国NEV市場の変化やテスラの動向を注視し、現地パートナーの選定や販路の確保などにおいて中国地場メーカーをも巻き込んだ市場戦略を練れば、日本勢にも成長の余地はある。

関連記事

[ 2019年02月03日 09:21 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp