韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「北の後ろ盾」中国には寛容なのに日本を主敵扱いする韓国政府

「北の後ろ盾」中国には寛容なのに日本を主敵扱いする韓国政府

中国の軍用機が昨年、韓国の防空識別圏に約140回無断進入していたという。2017年までは主に韓中日の防空識別圏が重なる地域に無断で進入していたが、昨年は黒山島や鬱陵島近くの純粋な韓国防空識別圏まで入ってきた。防空識別圏は領空ではないが、軍事目的のために進入する際は当該国の許可を得るのが慣例だ。中国はこれを無視している。

中国の軍用機は毎月末になると定例訓練でもするかのように東海(日本名:日本海)に出入りする。いったい中国が鬱陵島まで飛行してくる理由とは何なのだろうか。中国はこれまで韓半島(朝鮮半島)を自国の影響圏に置くという戦略を変えたことがない。習近平国家主席は以前、トランプ米大統領に「朝鮮半島は歴史的に見て中国の一部だった」という歴史観を披露した人物だ。今でも、強く対応しなければ中国はより露骨に韓国の主権を侵害してくる可能性が高い。それでも現政権は異常なほど中国に自らの声を上げない。

軍用機が約140回も無断で進入したのに、中国国防省に正式に抗議したり、在韓中国大使を呼び出して問いただしたりしたことはなく、中国の武官を呼び出す程度にとどまっている。それどころか、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備では「THAADの追加配備をしない」「米国のミサイル防衛(MD)システムに参加しない」「日米韓安保協力は軍事同盟に発展しない」という「三不原則」で主権譲歩までしてしまった。

スポンサードリンク
その一方で日本とのもめ事では妥協する気配すらない。韓日間の「レーダー照射・威嚇飛行」問題で今年上半期に予定されていた両国軍(原文ママ)の将校級交流が延期されたと朝日新聞は1日、報じた。その他の軍事交流も次々と取り消されている。空軍出身の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部(省に相当)長官は日本の自衛隊哨戒機が低空飛行で韓国軍艦を威嚇した後、パイロットのジャンパーを着て海軍作戦司令部を訪れて強く対応するよう指示した。しかし、中国の軍用機が出入りするたびに緊急出動する韓国空軍部隊を訪れたという話は聞こえてこない。
http://www.chosunonline.com/

米国傘下で、経済は中国依存。大国に文句を言えない韓国である。日本が「主敵」であるかのように扱い、「北朝鮮の後ろ盾」を自任する中国については何をされようと目をそらそうとしていると記事掲載されるように、日本統治下の恨みとはいえ異常である。本来の反日は中国で、韓国はそれに便乗した形だが、今の韓国は違う。日本に対する暴走だ。だが、韓国側にとっては大きな誤算となった。日本がこれほどの抵抗を実施すると考えていなかった。日本政府は韓国に歩み寄りを見せると踏んでいたわけだ。ところが安倍首相を含めた日本国民全体が韓国無視に走ったことで、様相は大きく激化した。結果孤立を高めただけの韓国となり、韓国としては、今頃謝罪と言うわけにもゆかずに、日本に強硬姿勢を見せ続けるしか道が無くなったともいえる。

今年の韓国はこのサイトでも報じているように、今年は不動産元本返済年に当たり、挙句に経済低迷と米国利上げに、掲げればきりがないほどに、韓国にとっては苦しい年となる。それを予想しての一連の韓国の動きがすべて日本に対して裏目に出てしまったわけで、日本とのスワップどころか、日本から敵国と言われ、制裁まで受ける形となりそうだ。こうなると韓国はなすすべがない。さて…、今後どうするのだろうか。日本は高みの見物状態だが…。

関連記事

[ 2019年02月03日 09:36 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
そろそろ時間切れ
「韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
韓国国民に決断の時間が迫ってきた」
こういう記事も見られます。

記事は中朝関係の側面で文在寅の弱腰を語っていますが、
だいぶ前から、文在寅は中国・北朝鮮両方から
軽視されている。何故かというと、文在寅という
人物は無原則、無節操で、のりが軽い人物だから。
金正恩は、結局、韓国へ来なかった。
金正恩は文在寅が国内をまとめていないと見たからだろう。

文在寅には二者択一のきびしい選択は無理だ。
グチャグチャになりそうだ。
韓国指導者には、そろそろ次のタマが要る。
[ 2019/02/03 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp