韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「任天堂とゲーム開発」…LINE・NHNエンタ株価急騰

「任天堂とゲーム開発」…LINE・NHNエンタ株価急騰

世界で最も売れているゲーム「スーパーマリオ」シリーズを保有する任天堂が、韓国大手インターネット企業「ネイバー」の日本子会社LINEや韓国大手ゲーム企業NHNエンターテインメントと共にマリオを主人公にしたモバイルゲームを開発することになった。発表直後のLINEとNHNエンターテインメントの株価はそれぞれ10%以上急騰した。

任天堂は1日、パズルゲーム「ドクターマリオワールド」をLINE・NHNエンターテインメントと共同開発し、今年初夏をめどに日本や米国などで発売すると発表した。このゲームはLINEが運営する同名モバイルメッセンジャー「LINE」から無料でダウンロードできる。ゲームそのものは無料で楽しめるが、アイテムを購入したり、後半のレベルをプレーする時は料金を支払ったりする「部分有料化」方式となる。

マリオシリーズは1981年に最初の作品が発売されて以来、これまでに5億8000万枚以上売れた世界最高の人気ゲームシリーズだ。LINEは日本のモバイルメッセンジャー市場で1位を占めており、実ユーザー数は日本で7900万人、全世界で1億6500万人に達する。このため、任天堂とLINEが協力することによって新作ゲームを急速に普及させることができるものと見られる。米ウォルトディズニーのキャラクターをもとにしたぬいぐるみ「ツムツム」が登場するゲーム「ディズニーツムツム」も2014年にLINEを通じてサービスが開始され、大ヒットしている。

スポンサードリンク
この3社がゲームの販売収益をどのように分割するかは分かっていない。しかし、発表の影響で1日の東京株式市場ではLINEの株価が10.83%、韓国証券市場ではNHNエンターテインメントの株価が14.41%上昇した。
http://news.livedoor.com/

LINE株式会社と任天堂株式会社は、ゲームアプリ事業における協業について合意したと発表した。この協業による開発ゲームアプリの第一弾は、人気ゲーム・ドクターマリオの世界観をベースにしたパズルゲーム『Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)』になる。『Dr. Mario World』はiOS/Androidに対応し、まずは日本、アメリカを含む約60の国と地域で配信される。対応言語は日本語、英語を含む複数の言語。サービス開始日は2019年初夏を予定し、ダウンロードは無料でアイテム課金制となる。

任天堂は2016年にDeNAとの資本・業務提携にを発表し、スマートフォンゲームに参入。「スーパーマリオ ラン」や「どうぶつの森ポケットキャンプ」などアプリを展開している。また、2018年にはCygamesと提携し、新作スマホゲーム「ドラガリアロスト」を提供している。一方のLINEは「LINE:ディズニー ツムツム」など、LINEブランドのカジュアルゲームを多数展開している。また、2017年にゲーム開発の子会社として韓国にLINE Games株式会社を設立したが、2018年12月には同社の株式の過半を手放すなど、ゲーム事業の立て直しを進めていた。

関連記事

[ 2019年02月03日 09:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp