韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本が「空母大国クラブ」入り狙うも、露メディアが冷や水

日本が「空母大国クラブ」入り狙うも、露メディアが冷や水

2019年2月1日、参考消息は、日本が空母保有国の仲間入りを目指す中で、ロシアメディアが冷や水を浴びせたと報じた。 記事は、ロシア・タス通信の1月30日付の報道を紹介。同メディアはまず、安倍晋三首相が同日にいずも型護衛艦の空母化について「すべて、自衛に必要な最低限の範囲にとどめる」と語ったことを伝えた。

その上で、「現在日本の海上自衛隊に空母はないものの、ひゅうが型といずも型のヘリコプター搭載護衛艦が計4隻存在し、なかでもいずも型護衛艦2隻は甲板上に最大14機のヘリコプターを搭載できる」と紹介した。

そして、「現在、この4隻のヘリ搭載護衛艦は戦闘機の搭載には適していない。しかし、耐熱材で甲板を強化して飛行機の離着陸時の高温に耐えられるようにし、さらに甲板にジャンプ台を取り付ければ、規模の大きいいずも型護衛艦を真の空母に変えることができる」と説明。岩谷毅防衛相が同護衛艦の改造について「われわれは既存の装備が持つさらに多くの機能を利用する必要がある」と語ったとしている。

スポンサードリンク
タス通信は「近年、アジア太平洋地域のメディアはしばしば日本の軍国主義復活の情報を発信している。このような背景において、自衛隊が空母と垂直離着陸が可能な第5世代得戦闘機を持つことについて、隣国からの認可は得られないだろう」と評した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-01-26-k001.jpg

小野寺氏が昨年の予算委で、共産党・小池晃氏の質問に答える形で初めて「いずも」について、最新鋭戦闘機F35Bの搭載も視野に入れた研究を認めている。「いずも」は全長248メートルのヘリコプター搭載護衛艦(DDH)。海上自衛隊が2016年末に「DDHの航空運用能力向上にかかる調査研究」を民間企業に募集した段階では、いずもに「新種航空機」を運用するための必要な性能などを検討する、と説明しただけで、具体的な機種などは明らかにしてこなかった。F35Bは米国製の最新鋭のステルス戦闘機で、航空自衛隊が保有するF35Aとは異なり、短距離滑走で離陸したり垂直着陸が可能だ。

関連記事

[ 2019年02月04日 08:36 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
隣国からの認可とか要らない。隣国が全て敵国なんだから。敵の許可を得る必要がない。まあ、わざとそういって隣国の認可が必要なんだと思い込ませようとしているんだろうけど。
[ 2019/02/04 16:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp