韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  日本と同じような韓国の「エンゲル係数」逆襲…その理由は

日本と同じような韓国の「エンゲル係数」逆襲…その理由は

家計消費支出で食費が占める割合を「エンゲル係数」という。1857年、ドイツの経済学者エルンスト・エンゲルが考案した指数だ。エンゲルは低所得の家計であるほど生計費における食費が占める比率が高いことを発見した。所得が少なく他のものはすべて減らしても飲食は減らすことができないためだ。逆に富裕層は食費が占める比率が低い。実際、国民所得が高い国であるほどこの指数が低く、低い国はこの指数が高い。

ところが最近エンゲル係数の「逆襲」が始まった。開発途上国ではない国家でもエンゲル係数が高まる現象が出始めているからだ。特に韓国と日本を見ると、典型的なエンゲル係数パターンから外れている。

4日、韓国銀行の国民経済統計の発表結果によると、韓国の外食費を含むエンゲル係数は2009年26.6%から2017年27.4%に増えた。外食費を除外した基準でみると13.8%から14.1%に増加した。この指数は2000年代から徐々に下がり、2007年には11.8%まで落ちた。だが2008年に上昇に転じ、最近では14%ラインを越えた。

スポンサードリンク
日本もエンゲル係数の上昇が現れている。日本は外食費合算基準で、23.4%(2009年)→25.5%(2017年)→26%(2018年7-9月期)と上昇した。外食費除外基準でも18.8%(2009年)→20.7%(2017年)→21%(2018年7-9月期)と上昇の一途だ。韓国のエンゲル係数を押し上げた「主犯」(?)は何だろうか。出前・外食文化の活性化が1つ目の容疑者に挙げられる。韓国農水産食品流通公社(aT)関係者は「外食をする時は飲食店のサービス費用など人件費が含まれ、出前食も人件費が反映されるためエンゲル係数も高まる効果があるものと分析される」と話した。
https://japanese.joins.com/

記事では、半調理・調理食品の拡散も一役買った。食材料を買って料理をする面倒を減らそうとする単身世帯、共稼ぎ夫婦が増えて食生活のパターンが変化したとしている。また主要食材料の価格上昇もエンゲル係数上昇の原因と報じている。

日本では、『おひとりさま』が2005年の流行語大賞にノミネートされて、早13年。「一緒にいく人がいない寂しい人」とネガティブな印象をもたれがちだった『ひとり飯』だが、敢えて一人を楽しむ人が増えている。時間を問わず『ひとり飯』の経験がある人は全体の85.4%で、その中で、「率先して『ひとり飯』を選択」している人は全体で46.7%、男性48.6%・女性44.9%となる。年代別にみると、30代が最も高く56.5%、ついで20代の53.9%。「仕方なく」は60代がもっとも多く、68.0%となる。約8割の人が『ひとり飯』をしている人を見かけても「寂しそう」「孤独」と感じないと回答し、自身も約7割が「寂しい」「孤独」と感じていないという結果となった。

関連記事

[ 2019年02月04日 18:25 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp