韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対外依存度80%超の韓国経済、「最悪の不況」に備えはあるのか

対外依存度80%超の韓国経済、「最悪の不況」に備えはあるのか

運用資産だけで1247億ドルに達する世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーターの創業者で会長を務めるレイ・ダリオ氏は2000年代初め、「不況測定指数(デプレッション・ゲージ)」を開発した。債務危機や不況リスクが高まる方向へと経済が展開するとき、事前に備えるための指標だ。ブリッジウォーターが2008年に世界的な金融危機を予測し、大混乱の中で収益を上げられたのはそのためだ。そのダリオ氏が最近、にわかに経済危機論を唱え、警告を発している。

彼だけでなく、過去の金融危機を予見した不吉な予言者たちもそれに続いている。ニューヨーク大教授で「終末博士」の異名を取るヌリエル・ルービニ氏、シカゴ大のラグラム・ラジャン教授、投資家のジム・ロジャーズ氏は「我々の世代で最悪の不況がやってくる」と異口同音に語る。経済誌エコノミストも「経済の低迷は時間の問題だ。今回は前回よりも苦しい戦いになる」と予測した。これまで世界経済の成長エンジンだった米中の経済は同時に低迷している。米国の経済成長率は2020年には1%台に低下するとの見方が有力だ。JPモルガンは1.2%を予測している。

さらに恐ろしいことは秘策が尽きたことだ。世界的な金融危機以降、世界は景気を回復させるという名分で財政出動拡大、利下げ、税金減免などあらゆるカードを切った。今は巨大な嵐になすすべもなく向き合わなければならない状況だ。さらに都合が悪いことに、過去に危機局面を脱出する上で決定的な原動力となった「世界的な協調」がポピュリズムに押され、力を失っている。

スポンサードリンク
(中略) 経済の対外依存度が80%を超える韓国経済にとって、こうした周辺環境は悪夢だ。今年はいつよりもまして厳しい1年になる可能性が高い。韓国政府は果たしてどれほどの準備ができているのかと問いたい。「水が満ちているときに櫓(ろ)を漕げ」といった根拠のない楽観論が災難を招きかねない。苦境に陥るのは、何かを知らなかったからではなく、分かりきっているという錯覚があるからだ。
http://www.chosunonline.com/

貿易依存が高い韓国である。しかも海外工場の比率も高い。世界経済の影響をまともに受ける構図となる。まして自国通貨は弱く、為替依存度が高いうえに、他の主要通貨量で動く韓国通貨は、自国経済低迷でウォンを投資家が手放すほどに、通貨危機に陥りやすい。昨年から通貨危機危年に突入している。今年は一番危険な年となる。自国の家計負債とともに不動産経済も動く年となる。

外貨準備高は数値だけは良いが、中身は不良債権だらけである。流動性のある現金は少ない。まして日本とのスワップも再開されていないわけで、近隣国で助けてくれる国はないのではないか…。今までは通貨危機になっても、企業は成長過程にあったが、今度通貨危機に陥れば、成長が止まった外資系企業では逃げ道がない。

関連記事

[ 2019年02月05日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp