韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタが電動車の販売目標を5年前倒しで達成できる根拠

トヨタが電動車の販売目標を5年前倒しで達成できる根拠

トヨタ自動車が2030年に電動車の販売を550万台以上に伸ばす数値目標を前倒しで達成する見込みであることが分かった。ハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の合計450万台の販売目標は5年程度、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の合計100万台の販売目標は3年程度の短縮をそれぞれ想定している模様。トヨタの足元の電動車販売は好調で、各国・地域の環境規制に合わせて対応を急ぐ。

トヨタは18年に電動車で約166万台(前年比約25%増)を販売し、過去最高を更新した。内訳はHVが約161万台、PHVが約4万7000台、FCVが約2400台。

17年末には電動車の販売を30年に550万台以上に増やす目標を発表したが、主要部品メーカーに参考値として21年に290万台強にする計画を通達するなど当初予定よりも販売ペースが早い。

トヨタ幹部は「規制強化もあって(電動車の販売が)早まり、欧州などで販売比率が高まっている」と語る。独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題をきっかけに電動車へのシフトが鮮明な欧州市場で、トヨタは18年に販売台数に占めるHV比率が47・2%と高水準に達した。

スポンサードリンク
HVとPHVで450万台の達成を早める25年頃までに、トヨタはすべての車種に電動グレードを設定することも決めており、電動車の販売に追い風となる。EVは20年代前半に10車種以上を投入し、FCVは20年頃以降に年間3万台以上の販売目標を掲げる。20年末までにはパナソニックと車載用角形電池事業を統合する。 トヨタは長期環境ビジョン「トヨタ環境チャレンジ2050」に盛り込んだ、HVの20年までの販売目標150万台も3年前倒しで17年に達成している。
http://news.livedoor.com/

トヨタ自動車は昨年2月、2017年の電動車販売台数が過去最高となる152万台(前年比108%)を達成したと伝えている。2017年に公表した「2030年に電動車販売550万台以上」という目標に向けて着実に電動車を普及させるとともに、「トヨタ環境チャレンジ2050」にある「2020年までに年間販売台数150万台」を3年前倒しして達成した。このことにより、1997年に「プリウス」を発売してからの電動車の累計販売台数は1147万台となり、CO2排出抑制効果は9000万t以上になると試算している。

トヨタの副社長でパワートレーンカンパニーChairmanの寺師茂樹氏は、「わずか20年で、電動車の年間販売は500台に満たない台数規模から150万台を超えるまでになりました。この実績は、トヨタの電動車の品質・耐久性・信頼性を証明するものであるとともに、電動車の更なる普及に向けた量産体制構築とパワートレーン多様化の基盤になります」とコメントしている。トヨタは、2020年代前半にグローバルで10車種以上のEV導入や、2025年ごろまでにHV・PHV・EV・FCVといった電動専用車およびHV・PHV・EVなどの電動グレード設定車の拡大により、グローバルで販売する全車種を電動専用車もしくは電動グレード設定車にする計画だ。

関連記事

[ 2019年02月05日 09:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp